富士フイルム XF150-600mm f/5.6-8を発売か

XF200mm F2 R LM OIS WR

XF150-600mm f/5.6-8の噂

私たちのところに寄せられた情報によると、富士フイルムはFUJINON XF150-600mm f/5.6-8を発売するだろう。また、それはXF200mm F2に似たカラーになる。

FUJI RUMORS

富士フイルムの新レンズの噂が入ってきています。アイキャッチ画像はXF200mm f/2です。噂によれば、これまで150-600mmというレンズが発売されるという噂があったようですが、このレンズの開放f値がわかったとしています。そして、それが、XF150-600mm f/5.6-8というレンズで、XF200mm F2に近いカラーになるとしています。

XFレンズについては、XF55-200mm、XF70-300mm、XF100-400mmと揃っていたので、その上にさらに150-600mmというレンズが発売されることで、望遠ズームについてはかなりラインナップが揃ってきた印象をもっています。最近は超望遠ズームが流行ですので、このレンズも価格次第ですが、売れそうな予感です。

富士フイルムのレンズについては単焦点の超望遠ズームなどが期待されていると思うのですが、そちらがどうなるのか楽しみですね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「富士フイルム XF150-600mm f/5.6-8を発売か」への1件のフィードバック

  1. 600mmでF8という絞り値が本当かどうか? 小絞り(回折)ボケのせいなのだろうと思っていますが、今どきのフルサイズレンズのレビューを見ていると、絞り値5.6辺りが一番解像度が良いパターンが多いような気がしています(レンズによってはF4辺りのものも)。フルサイズだとF8で極端に悪くなるという感じではないです(レンズによってはわずかな差です)が、しかしフォーサーズのレンズであればF4クラスだと、開放が一番良くて絞ると解像度が悪くなっていくのがレビューの定番のようで、F8だと少し分が悪そうな感があります。New X-H2の4000万画素はフォーサーズ2500万画素辺りだと思われるので、F8ではそれなりに分が悪いと考えています。ですのでF8だとすると、ちょっと問題が出ないのかと感じます。ただ超望遠だと、ちょっと違う可能性もあったりするのでしょうか(解像度を重視しすぎ?)。しかしまたソニーの 200-600mm F5.6-6.3 は安いですし、それより暗いF8だと20万円を切る必要はないのか?とか勝手なことも思ってしまいます。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top