富士 X-H2は新開発2600万/4000万画素センサーの2種類で発売される??

X-H2には新しい2600万画素センサーを搭載か

富士フイルム X-H2は新しい2600万画素センサーで登場する

X-H2が2600万画素センサーを搭載して登場すると述べたときに、ほとんどの人は現在の2600万画素X-Trans IVと性能が向上した新しいイメージプロセッサが対になるだろうと推測するだろう。

そして、特に富士フイルムはGFX50S IIが、古いセンサーと新しいイメージプロセッサで性能を向上させたことと同じようなことを富士フイルムがしたことを考えると、これも選択肢の一つであるかもしれないと私も考えた。

(中略)

事実、X-H2の2600万画素センサーは新しいセンサーになると聞いている。

そして、4000万画素のX-H2もあり、そちらも明らかに新しいセンサーになることを忘れてはならない。

FujiRumors

富士フイルムのX-H2は、新しい2600万画素のセンサーを搭載する可能性があると噂されています。アイキャッチ画像はX-H1です。記事によれば、X-H2には既存の2600万画素センサーと、最新のイメージプロセッサの組み合わせになる可能性があると考えられていたようですが、どうやらそれは間違いで、最新のイメージセンサーになる可能性があるのだそうです。

X-H2は画素数の異なる2バージョンで発売??

謎の多いX-H2の噂ですが、このX-H2は2022年の5月に登場するらしいという噂がありました。いまは3月下旬になりつつありますので、そろそろ何かしらの噂がでてきてもおかしくない時期です。なので上記のような噂がでてくるのも理解できるところではあります。

これまでの噂では、X-H2は画素数の異なる2バージョンで発売されるのでは?という噂が過去にありました。そのときには、その一つが4000万画素で、もう一つが2600万画素と噂されていました。今回の噂の2600万画素と一致しています。このセンサーは、恐らくX-T4のセンサーと同じものが流用されるのではないかと思われていたわけですが、今回の噂によれば既存のセンサーの流用ではなく、まったく新しいセンサーになる可能性があるということです。

そんな流れがあったので、新しいセンサーであるという情報は驚きをもって迎えられているというような感じになっているわけですね。

過去に同じモデル名で異なる画素数のカメラって発売されたことってあったのでしょうか?そして、表記がどうなるのかも気になりますよね。例えば、高解像度はX-H2Hで低解像度はX-H2Lみたいな感じで添え字が変わる感じになるのでしょうか。そして、どうして同じモデル名にするのかの意図も気になるところです。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!