シグマ 20mm f/2.0後にレンズ2本発表と噂 可能性のあるレンズは??

シグマが2本以上のプライムレンズをまもなく発売か?

信頼できる情報筋が、SIGMA 20mm f/2.0 DG DNが発売されることを確認した。そして、また2本以上のプライムレンズが、20mmレンズのあとまもなく発表されるだろうと述べた。私が得た情報をダブルチェックして確認できしだい、いくつかの詳細についてシェアする予定だ。

SonyAlphaRumorsより

シグマが、さらなる大口径レンズを発売する可能性があるという噂があるようです。画像はシグマレンズのイメージ画像です。

記事によれば、シグマが20mm f/2.0を発売したあとまもなくに、新製品として2本以上のレンズを発表する可能性があるとしています。

このシグマ20mm f/2.0というレンズは、昨年末に噂されていたレンズで、直径が70mm、長さ72.4mm、重量は370gで、約700ドルで発売されると噂されていました。

700ドルは記事執筆時点の為替レートで8万1000円で、フルサイズ用の広角単焦点レンズと考えると比較的に廉価と言えるかもしれません。

発表される可能性のあるレンズは何か?

いまのところ、20mm f/2.0以降に発表されると思われる新レンズについての具体的な噂はありません。ただ、発表される可能性があるといった噂があるだけです。なので、どのようなレンズなのかは不明なのですが、どのようなレンズなのか想像してみようと思います。

まず、海外でプライムレンズといった場合、概ねf/2.8より明るい(大口径=開放f値の数値が低い)単焦点レンズです。なので、既存の単焦点レンズのラインナップからみるとある程度の可能性が見えてくるかもしれません。

というわけで調べてみると、現在のシグマのEマウントフルサイズミラーレス用の大口径単焦点レンズのラインナップは以下のようになっています。

■ Art

35mm F1.2 DG DN
35mm F1.4 DG DN
85mm F1.4 DG DN
105mm F2.8 DG DN MACRO

■ Contemporary

24mm F2 DG DN
24mm F3.5 DG DN
35mm F2 DG DN
45mm F2.8 DG DN
65mm F2 DG DN
90mm F2.8 DG DN

シグマWebサイトより

シグマのArtシリーズはより高い性能を目指したレンズで、 Contemporaryは比較的廉価なレンズのシリーズです。

これをみるとどうでしょうか?Contemporaryでは、このラインナップに加え、さらに20mm f/2.8の発売が噂されているわけですので、Contemporaryは結構完成されているのかなという感じもします。

そう考えると、Artシリーズのほうは広角単焦点、標準単焦点や、135mmあたりの単焦点が考えられそうですし、Contemporaryのほうはマクロレンズや、105mm、135mmあたりの可能性も考えられそうな感じがします。

実際に発売されるレンズはどのようなレンズになるのでしょうね?気になります。そして、こうやってみるとシグマの単焦点レンズのラインナップもかなり充実してきましたね。比較的に廉価で性能の高い単焦点レンズがこれだけあると、シグマレンズ目当てでソニーのカメラを購入したいと思う人もわかりますね。

お知らせtweetしています

新着記事のお知らせtweetをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top