ニコン APS-C一眼レフ用キットレンズすべて終売 APS-C一眼レフ撤退確定へ

ニコンのAPS-C一眼レフ用のキットレンズ終売へ

当サイト調べによると、ニコンのAPS-C一眼レフ用のキットレンズがいずれも終売になったことが明らかになりました。ニコンの現在の一眼レフ用のレンズラインナップは、標準ズームと望遠ズームで以下のようになっています。

ちなみにニコンのレンズは、フルサイズ用はFX、APS-C用にはDXのマークが記述されています。下記のレンズラインナップにもFXという記述があるので、フルサイズ用かAPS-C用なのかわかりやすいと思います。

ニコン標準ズームレンズのラインナップ

ニコンWebサイトより

ニコン望遠ズームレンズのラインナップ

ニコンWebサイトより

このように標準ズーム、望遠ズームからAPS-C用のレンズが完全になくなっていることがわかります。

通常、廉価な価格帯のカメラには、廉価な標準ズームや望遠ズームがキットレンズとして同梱されているレンズキットが発売されることが多いです。しかし、いまAPS-C用のレンズすらない状態なので、ニコンから廉価なAPS-C一眼レフが発売される可能性は限りなく低くなった可能性が高いと思います。

それでもAPS-C一眼レフのフラッグシップモデルとなるNikon D500の後継機種が発売される可能性はあるのかもしれませんが、現在のフルサイズ用のラインナップをみても残念ながら可能性は限りなく低いのかなと思いますね。

ミラーレスへ完全シフトで考えられること

まず、この状況から廉価な一眼レフ、D5x00シリーズやD3x00シリーズは完全にディスコンだと思います。そしてD7x00シリーズについても残念ながらディスコンの可能性が高いと思います。

逆に可能性があるカメラとしては、プロフェッショナル用にNikon D6シリーズ、Nikon D850シリーズあたりだけになるのかなと思います。D500に関しては、そもそもニコンはあまり発売に乗り気ではない印象でしたので、APS-Cに関してはもうニコンから一眼レフとして発売される可能性はないのだろうと思います。

そうなると気になるのが、D5x00シリーズの後継機種となる廉価なミラーレスカメラがニコンから発売される可能性があるのかどうかですが、このあたりはニコンの業績次第ということになるのだと思います。

それにしても、一眼レフに関する状況はここにきて急減に変化してきていますね。恐らく一眼レフに関してはキヤノンも同じ考えのようで、キヤノンもキットレンズをディスコンにしていることから、ミラーレスシフトはさらに加速していくものと思います。

[template id=”4241″]