シャープ マイクロフォーサーズカメラの価格情報が流出か?

シャープの8kカメラの値段がリークされています。

1)最終的にカメラは8k60pになるかもしれない
2)センサーはシャープによって製造されたものだ
3)最終的な価格はおよそ3000ドルとみられる

(記事を一部意訳しています)

シャープが開発中としているマイクロフォーサーズのカメラの価格が明らかになったようです。その価格は3000ドルということで、約33万円ぐらいだということがわかります。

驚くのはセンサーを自社製造するというところです。たぶん内製ではなく外注するのでは?と思ったのですが、調べてみたらシャープには電子デバイス事業本部があり、そこでは現在もCMOSのイメージセンサなどを製造していることがわかりました。なのでシャープ製のイメージセンサーが、このカメラに搭載されるのでしょう。

問題はソニーの裏面照射型の特許に抵触せずに裏面照射型に近い性能のあるセンサーを作れるのかということと、高速読み出しができるのか?というところが問題になりそうですが、このあたりは製品が発表されてみないとわからないところですね。

シャープは4k製品の出遅れから4kをスキップして8k製品を充実させようとしています。そして8k製品をより広げるために、映像データの入り口となるカメラに8k製品を投入することで、撮影して、録画して、上映するという一連の流れの機器すべてで8k化を推進して自社のシェアを伸ばすという経営方針を考えているようです。

問題はユーザがどこまで8kレベルの製品を必要としているかどうかだと思いますが、どうなるか興味のあるところですね。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://www.mirrorlessrumors.com/additional-info-on-the-new-sharp-8k-micro-four-thirds-camera/