α7 IV 半導体問題なければ来月に発売か ダイナミックレンジも向上

ソニーα7 IVの噂

α7IVの暫定的な発表会は、まだ10月中旬から下旬に予定されている。しかし、もし世界的なセンサー製造の供給不足がもう少し改善しなければ、少しだけ延期されるかもしれない。その間に、新しいプロセッサとともに新しく開発された3300万画素センサーが、15EVのダイナミックレンジを絞り出していることという情報をシェアすることができた。少なくともソニーのマーケティングがそう述べている。これが正当な主張であるかどうか実際のテストで確認する必要がある。

α7IVの噂される仕様

・10月発売(チップの供給が許される場合)
・新しく開発された3300万画素センサー
・15EVのダイナミックレンジ
・7k解像度からのオーパーサンプリングされた4k 30p動画
・5.5段分のボディ内手振れ補正(+アクティブ補正モード)
・α7S IIIと同じボディデザイン
・フルサイズのHDMI端子
・UHS-II SDカードとCD Expressカードスロット

SonyAlphaRumors

ソニーのα7 IVの噂が投稿されています。記事によれば、α7 IVは15段分のダイナミックレンジがあることが新たにわかったとしていますね。その他の情報は以前にあった噂と同じで、早ければ10月にも発売される可能性があるようですね。

ソニー α7IVはα7S IIIと同じ筐体を採用と噂 発売は来月か

ダイナミックレンジがわずかに向上?

記事によれば、センサーは3300万画素で、15EVのダイナミックレンジを絞り出すことができたとしています。あまりセンサーの性能に関して詳しくないのですが、これはとても凄い性能なのでしょうか?

ということで、カメラのセンサーに関するベンチマークで有名なDxOMarkでちょっと調べてみました。そうすると、4256万画素のα7R IIIで14.7EVのダイナミックレンジが実現されていることがわかりました。

DxOMark

上記がDxOMarkの結果です(画像タップで拡大します)。そうすると、解像度が異なるのでなんとも言えないのですが、やや少しの向上ということになるのでしょうかね?それとも異なる測定結果や、違う測定方法やサイトのダイナミックレンジと比較しているのでしょうか?

いずれにせよα7 IVの発売待ちで買い控えしている人は多いと思いますので、いよいよ待ちに待った製品の発売ということで期待している人は多いと思います。

[template id=”4241″]
a7 iii
twitterで最新情報をチェックしよう!