キヤノン EOS R3同時発表の100-400mm、16mmの画像と仕様が流出

 

キヤノンの新レンズの画像と仕様が流出

軒下デジカメ情報局@nokishita_c

キヤノンの「RF100-400mm F5.6-8 IS USM」と「RF16mm F2.8 STM」が海外の販売店に掲載されました。#ニュース

軒下デジカメ情報局

軒下デジカメ情報局がキヤノンの新レンズの噂について報告しています。記事によれば、キヤノンが発売すると噂されているレンズは上記の通り、RF100-400mm F5.6-8 IS USM、RF16mm F2.8 STMとなるようです。どちらも非Lレンズとなるようで、特に16mm f/2.8なんかは、かなりコンパクトなレンズに見えますね。お散歩用の広角レンズとして重宝しそうだなと思います。100-400mmも開放f値がかなり大きいので、こちらも低価格な製品になることが期待されそうです。

それぞれのレンズのスペックは?

これまで100-400mmの開放f値は明らかになっていませんでしたが、400mmの望遠端でf/8というかなり暗めのレンズとなっています。ですが、最近のミラーレスカメラは感度的にも低照度撮影的にもかなり優れているので、実用上は十分だと思います。

それぞれの細かな仕様についてもわかってきているようで、以下のように報告されています。

軒下デジカメ情報局@nokishita_c

アマゾン商品ページのキャッシュによると「RF100-400mm F5.6-8 IS USM」は200mm時の最短撮影距離88cm、400mm時の最大撮影倍率0.41倍、手振れ補正効果は6段(R5/R6)・5.5段(R/RP)、テレコンバーターRF1.4x・RF2x対応、ナノUSMになるらしい。#噂

軒下デジカメ情報局

驚いたことにテレコン対応ということで、最大で800mmまで対応可能になるようですので、これで価格が廉価だと、AF性能次第ですが、野鳥や野生動物の撮影、圧縮効果を狙った撮影などで気軽に使えるレンズになるかもしれません。

キヤノンは定番の王道レンズも発売していますが、最近はこういうちょっと異色なレンズも発売しているので、面白いですよね。遊び心があるというか、ちょっとかゆいところに届くようなスペックのレンズを発売しているのですごいなと思います。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「キヤノン EOS R3同時発表の100-400mm、16mmの画像と仕様が流出」への4件のフィードバック

  1. テレ端F7.1でもなくF8ですか。
    まあキリがいいのでわかりやすいですがキヤノン攻めてますね。
    しかもテレコン対応でテレ端800mm F16になりますね。
    これも安ければお手軽望遠ズームとしていいですね。

  2. このレンズはテレコンバーターRF2x対応で望遠側がF16になるのはは驚きです。
    低照度でのAFに強いキヤノンだから発売できるレンズですね。

  3. Photographer-N

    これ人気で写りとコスパの良いEF 70-300mm F4-5.6 IS II USMにマウントアダプター付けた長さとほぼ同じなんですね。お手軽望遠ズームなら、300mmまでで良いのでもう少し軽量コンパクトのものが個人的には良かったです。

  4. ロンサム・カーボーイ

    ミラーレス化によるボディサイズの小型化とレンズ開放F値の増大は、結局の所トータルで見たシステムの小型化に繋がりますので、正しい選択ではないでしょうか。
    電子化されたことで、ファインダーの暗さが問題になることも無くなりました。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top