Nikon Z 30センサーテスト公開 Z30 Zfcと同じ?? なぜ最新センサーを搭載しないのか

Nikon Z 30の低照度性能

Nikon Z 30のセンサーテストの結果が掲載されています。どのようなテスト結果になったのでしょうか?

それでは実際のテスト結果をみてみましょう。

(記事元)Photons to Photos

さて、上記で引用したグラフは、Nikon Z 30、Nikon Z 50、Nikon Z fcのISO感度別のダイナミックレンジを表したものです。上に高いほどダイナミックレンジが高いので、ISO感度が増えるごとに画質が悪化していく様子がわかります。

上記のグラフはZ 30、Z 50、Z fcのセンサーのグラフをまとめて表示したグラフなのですが、みてわかる通り、ほとんどずれることなくまったく同じグラフになっていることがわかります。このことから、それぞれのカメラのセンサーはまったく同じものが使われていることがわかります。

従って、機能を考えず単純に価格/画質で考えると、最も安いZ 30がコスパが最もいいということが言えると思います。

同じセンサーを利用する経営戦略

Nikon Z 50と同じセンサーということは、Nikon Z 30はおよそ3年前の型落ちともいっていいセンサーを採用していることになります。Nikon Z 50の発売日は2019年11月でした。

普通だったらニコンは新型のセンサーをばんばん採用して、より優れたセンサーを採用したほうが他社との差別化になると考える人も多いのではないでしょうか?

たぶん、これには複数の理由があるのだろうと思います。

まずは、すべてのAPS-Cセンサーのカメラで同じセンサーを利用することで、別々のセンサーにするよりも大量の仕入れになりますので、大量仕入れによる値下げ交渉が可能になります。また半導体は製造期間が長くなると次第に価格が下がることが多いので、さらに廉価なセンサーとして利用することも可能になります。

ニコンとしては、恐らく経費節減、利益率の向上のためにできるだけセンサーの更新を最低限にして、同じセンサーをできるだけ複数の機種で長い時間利用し、センサー購入のコストをできるだけ下げようとしているのだろうと思います。

その代わり、他社が最新のセンサーを採用すると、それだけ製品的な魅力が目減りする可能性がでてきてしまいます。しかし、いまはセンサー性能は高止まりしている状況で、APS-Cセンサーを購入する一般的な購買層からはほぼ満足できるセンサーになっているので、他社の技術革新による魅力の低下ということはあまり気にならないということも理由にあるのかなと思いますね。

とはいえ、センサーはともかく被写体追尾性能の向上など、イメージプロセッサの革新はまったなしの状況だと思います。願わくばZ 9レベルの被写体追尾能力がAPS-Cにも採用されるといいなと思いますね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!