ソニーα7R Vとα7 IVのサイズ比較 見た目でわかる厚さの増加

sony α7R V

α7R Vとα7R IVのサイズ比較

ソニーが先日発表したα7R Vと、α7R IVのサイズを比較する記事が掲載されています。サイズ的にはどのような違いがあるのでしょうか?

それでは記事をみてみましょう。

SonyAddict

記事には、α7R Vとα7R IVの比較記事が掲載されています。この記事をみると、α7R Vはα7R IVと比較して全体的にやや大きく、重量も増えている様子がわかります。

具体的にはカメラの幅は2mm、高さは1mm、奥行きは4mmほど長くなっていることがわかります。

カメラそのものは大して変化がないように見えますが、厚みがかなり増しているのが目で見てもわかりますね。しかも、ごつい形状になっていることがわかります。また、背面液晶も大きくなっていることがわかります。

もし自分が開発者でしたら、旧機種とまったく同じ形状にして、コストを少しでも下げるようにすると思うのですが、バリアングル液晶や、より冷却性能を高めたい意図があるのでしょうか?かなりサイズ感やデザインが異なることがわかります。このように比較するとわかりやすくていいですね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

sony α7R V
twitterで最新情報をチェックしよう!