ソニー70-200mm F2.8 GM IIのDxOMark値公開 大三元レンズでトップに

E 70-200mm F2.8 GM OSS II

FE 70-200mm F2.8 GM OSS IIのDxOMark値公開

DxOMark

DxOMarkが、ソニーのFE 70-200mm F2.8 GM OSS IIのベンチマーク結果を公開しています。上記はフルサイズ用レンズの70-200mm f/2.8の各社のレンズをランキング形式で表したものです(画像クリックで拡大します)。

ベンチマーク結果をみると、他のレンズを圧倒してFE 70-200mm F2.8 GM OSS IIが全体スコア41を獲得してトップに立っていることがわかります。前機種のFE 70-200mm F2.8 GM OSSもかなり優秀なレンズで、いまだにランキング2位になっているわけですが、それを押さえてトップに立ちました。

その後には、ニコン、タムロンの同仕様のレンズが並んでいるのですが、それを超えていることになります。とくに、ニコンのレンズを超えているのにはちょっと驚きました(個人的に)。

それでは、このレンズの評価について、ちょっと要約してみます。

FE 70-200mm F2.8 GM OSS IIの評価

それでは、FE 70-200mm F2.8 GM OSS IIの評価についてみてみます。

■ シャープネス
・望遠端でも中央の解像度を85%に向上させ、外側の解像性の均一性を向上
・広角側ではコーナーまでの解像性が向上

■ 色収差
・望遠端で横色収差がよく制御されている

■ 歪曲収差
・旧レンズと異なり広角端で歪みがなく、望遠側で糸巻き型の歪みがでる

■ ケラレ
・旧レンズよりもケラレが少ない

■ 結論
・旧レンズも優れた性能だが、ライバルな軽量化したので、このレンズを発売したようにみえる。
・旧レンズやニコンの比較的新しいZ 70-200mmよりも一歩進んでいるが、大きなアドバンテージはない
・軽量化は素晴らしいが価格は高い

DxOMark

詳しくは記事元リンクからご覧いただくとして、記事では比較としてFE 70-200mm F/2.8 GM OSSと、ニコンのNIKKOR Z 70-200mm F2.8 VR Sと比較しているのですが、基本的にはZマウントレンズよりも優れた性能がでているようで、高く評価されているのも理解できるところとなっています。

個人的にニコンのレンズはかなり優秀だと思っていたので、旧レンズを含めあっさりソニーレンズにベンチマーク結果で超えられるとは思ってもみませんでした。ただ、レンズはこのような数値だけで判断できるものではないので、実際に使ってみないとわからない色味や絵作りの部分もあるので評価は難しいとも思います。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog