Nikon Z 9レビュー 技術を結集した究極のカメラ D850に迫る予約状況

ニコンの技術を結集

 そこにきてニコンが2021年10月末に発表したのが『Z 9』だ。そのスペックは今までのニコンのミラーレスカメラをはるかに凌駕するもので、個人的にはニコンのすべての技術が結集した究極のカメラに思える。

RealSound

Nikon Z 9のレビュー記事が掲載されています。記事では以下のように紹介されています。詳細な解説もありますので、全文は記事元リンクからご覧ください。

・ニコンのミラーレス初の3Dトラッキング対応
・世界最多の被写体検出
・EOS R5を超える2時間以上の8k内部記録
・8k 60pの対応を予告

このことから、Nikon Z 9は今までのミラーレスカメラを過去のものにしかねないとしています。

今後登場するライバル機種

Nikon Z 9は強力なイメージセンサーと強力なイメージプロセッサのおかげで高速なAFや被写体検出を実現しています。しかし、これを廉価な機種に搭載するのはコストの面で不利になってしまうため、中級機にNikon Z 9と同等のAF性能を実現するのは難しいのかなと思います。まして廉価機ですとかなり厳しいのではないかと思いますね。

そしてNikon Z 9を待ち受けるのは、まだ発売されていないキヤノンのフラッグシップモデル(仮称EOS R1)ですし、ソニーのα1の後継機種もすでに開発中だと思います。Nikon Z 9が頭一つ抜けた性能をもっているかもしれませんが、キヤノンやソニーは当然Nikon Z 9の仕様を知った上で次の新機種を発売してくるでしょうから、ニコンとしてもうかうかしていられないと思いますね。

これまでと同様の4年サイクルのモデルチェンジは今のカメラの状況を踏まえるとかなり長い期間になってきているので、少なくとも3年、可能であれば2年で新機能を追加したりブラッシュアップした製品を出してこないとキヤノンやソニーには追いつけないのかなとも思います。

とくに3Dトラッキング搭載などNikon Z 6IIとZ 7IIの刷新はなるべくはやいほうがいいと思いますね。またZ 9の性能で縦グリップをなくしたタイプの要望は海外サイトなどではかなり強いようで、一部の性能、例えば動画の連続撮影時間を制限しても発売すれば大人気になるんじゃないかなと思いますので、そのような新カメラも期待したいですね。

ただ、ここにきてレンズが揃ってきたことで、レンズラインナップに関しての見劣りというのは大分なくなってきたのはよかったなと思います。しかしソニーはフルサイズ用のレンズが豊富にあり、サードパーティー製のレンズから選択できます。そのぐらいのラインナップを揃えるまでには、まだまだ時間がかかるでしょうし、キヤノンが発売しているようなニコンならではのユニークなレンズも欲しいところです。

ニコンのカメラの噂としては、Nikon Z 50よりさらに廉価なZ 30の噂がありますし、そろそろZ 7IIとZ 6IIの後継機種の噂がでてきてもおかしくない時期ですので、次の機種にも期待したいですね。

[template id=”4241″]