Nikon Z 9 当初はメカシャッターがある仕様も検討していた??

メカシャッターをなくしたNikon Z 9

 開発発表は3月だったので長らく待ったのだけど、待っただけのことはあるという仕上がりだ。

一番の特徴はフラッグシップ機でメカシャッターをなくしたこと。開発当初はメカシャッターありとなしの両方を睨んでいたができあがった新型センサーの性能を見て、メカシャッターなしに決定したと聞く。

電子シャッターで問題となるローリングシャッター歪みだが、読み出し速度が超高速で、30M以上のミラーレス一眼の中では世界最速でZ 7IIに比べて約12倍のスキャンレートだという。

信頼性が重要なフラッグシップ機でメカシャッターを外す決断をするくらいだからかなりのものなのだろう。

ITmediaNEWS

ITmediaNEWSが掲載した記事に、Nikon Z 9の仕様決定に関する情報がありました。上記がその記事の一部を引用したものになります。

記事によれば、Nikon Z 9の開発当初はメカシャッターがある機種も検討されていたようですが、開発された新しいセンサーの性能を確認した結果、これならメカシャッターなしでも行けるということで、メカシャッターのない機種に決定されたようです。

センサーの読み出し速度は3000万画素以上のミラーレスカメラでは世界最速で、ローリングシャッター歪みも最低限に収めることができているようですね。

Nikon 1の経験が役に立ったのか

記事中にも指摘があるのですが、ニコンはNikon 1 Jシリーズで秒間60コマの連写が可能なメカシャッターなしのミラーレスカメラを発売していました。60コマ/秒で連写してもローリングシャッター歪みはほとんどみられないことから、すごいセンサーのカメラが発売されたなと思ったことを覚えています。

当時の噂では、Nikon 1 Jシリーズのセンサーは、センサーを複数の範囲に分割し、それぞれの範囲を同時読み出しすることで高速な読み出しを実現していると言われていました。今回のNikon Z 9がメカシャッターレスになったことは、ひょっとしたらNikon 1 Jシリーズでのミラーレスの経験が活きているのではないのかな?と思ったりしています。

Nikon 1はディスコンになってしまったわけですが、もしNikon 1の技術が引き継がれていると考えているとちょっと嬉しい感じがします(Nikon 1 J1ユーザでした)。

[template id=”4241″]