キヤノン EOS R3は旗艦機ではないが、従来基準では旗艦機のレベル

EOS R3の位置づけ

EOS R3はフラッグシップモデルではありません。現時点では、絶対的な信頼感と安心感を持って多くのプロの方々に使われているEOS-1D X Mark IIIが、プロ用の「フラッグシップ」カメラと位置付けています。

ただ、EOS R3はスペック上の多くの面でEOS-1D X Mark IIIを上回っており、従来の基準で言えば「フラッグシップ」と言っても差し支えないレベルになっています。

RFシステムはEFシステムよりも進化したシステムであり、その”1″を冠するフラッグシップモデルは、更により高い次元の性能を狙わなければならないと考えています。その高いハードルを越えるため、我々は挑戦を続けています。

ImpressWatch

EOS R3に関するキヤノンへのインタビュー記事が掲載されています。とても興味深い内容なので、全文は記事元リンクからご覧ください。

インタビューではEOS R3はキヤノンのフラッグシップモデルではないと明言しています。ということは、この後にはEOS R1という本当のフラッグシップモデルが登場する可能性が示唆されていることになります。

ひょっとしたら、キヤノン自身が、製品企画の段階で、この性能では一眼レフのEOS-1D X Mark IIIに匹敵する性能ではないと判断したら、しばらくはEOS R1の発売もないのかもしれません。しかし、その間はEOS R3が準フラッグシップモデルとして活躍していくということになるのだと思います。

しかしEOS R3は多くの面でスペックかEOS-1D X Mark IIIを上回っているとも述べていて、従来の基準ではフラッグシップモデルといってもいいレベルだとしています。ということは、キヤノンはEOS R1の基準を一眼レフ時代よりも1段階ほど高く設定している可能性があるということになります。それだけEOS R1は、ライバルのα1などのソニー製品よりも、圧倒的に凌駕するような性能のカメラとして発売したいということの意思の表れかもしれません。

そうなると、EOS R3でもAIによる被写体認識や、視線入力AFなど驚く機能があるのに、R1にはこれ以上の何かしらの機能が搭載される可能性があり、連写速度なども向上していることになりますので、非常に高性能なカメラになるということが予想されそうです。

いよいよ始まる三つ巴の戦争

ソニーがフラッグシップモデルとなるα1を発売し、キヤノンも準フラッグシップとなるEOS R3を投入しました。そしてニコンがNikon Z 1の開発を発表しています。α1もEOS R3も思った以上に高性能のカメラとして発売されたなという印象があるなかで、まだ未発表のNikon Z 1がどのような仕様になるのかということは、非常に気になるところだと思いますね。

もしα1やEOS R3と同等程度の機能だと、ニコンはまた後出しでも機能的に追いつけなかったと言われかねない状況になっていると思います。キヤノンは視線入力AFなど先進的な機能を採用しているので、それ以上のアピール力のある先進的な何かが欲しいところだと思いますが、実際には難しいだろうなと想像しています。たぶん、α1と同程度の機能に止まるのではないかと個人的には思います。

そしてキヤノンがEOS R3として発売したことはとても上手だなと思いました。もしα1よりも魅力的でないと市場が判断したとしても、EOS R3はR1ではないからと言い訳をすることができますし、仮にα1より魅力的だと市場が判断した場合、キヤノンはR1でR3よりも優れたカメラを発売するんだという期待感に変えることが可能になります。

このあたりの命名も含めてキヤノンはマーケティングに強いということがわかるような気がしました。

[template id=”4241″]
EOS R3
twitterで最新情報をチェックしよう!