Z 70-200mm F2.8 VR SのDxOMark値公開 70-200mm f/2.8で全体2位

 

Z 70-200mm F2.8 VR SのDxOMark値公開

DxOMark

DxOMarkがニコンのZ 70-200mm F2.8 VR Sのテスト結果を公表しています。最近はミラーレスの発売とともに、新しいレンズがどんどん発売されているので、新しいレンズの評価が追いつかないようですね。やっと公開されたかというような印象です。

そのベンチマーク結果によれば、70-200mm f/2.8という大三元の一つとなるレンズで、一眼レフ用も含めたすべてのレンズで全体スコアで2番目となりました。画質的にはかなり優秀なレンズだといえそうです。

ただ、他の比較対象となっているレンズが、すべて古いレンズばかりですし、キヤノンが発売しているレンズなどはまだ評価されていないので、実際にはどのようなスコアになり、どのあたりに位置するのかは、現時点では不透明な状況です。

望遠はミラーレスによるメリットは?

素朴な疑問なのですが、望遠レンズはもともと焦点距離が長く、バックフォーカスも稼ぎやすいので、ミラーレス化によって望遠レンズの設計への恩恵はどの程度あるのでしょうか?もし、あまりないのだとしたら、基本的には一眼レフの望遠レンズの再設計というような形になると思いますので、ミラーレス化したからといって大幅に性能が向上することはないように思えます。

ただレンズ側との通信の高速化、デジタル補正のデータをあらかじめレンズ側に搭載しておくですとか、マウントが変わることになってレンズとカメラの通信が様々できるようになり、いろいろな部分で細かな性能向上といったものが可能になる部分は大きいのかな?と思います。

今後はタムロンやシグマなどのレンズについても、次々と計測結果が公開されると思いますので、どのような結果になっているのか楽しみですね。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!