ニコン Z 7II、Z6 II、Z 7、Z 6、Z 5、Z 50 新ファーム公開を正式発表

ニコン Z 7II、Z6 II、Z 7、Z 6、Z 5、Z 50の新ファームを公開へ

ニコンミラーレスカメラ「Z シリーズ」の最新ファームウェアを4月26日から公開

平素はニコン製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

このたび、ミラーレスカメラ「ニコンZ 7II」「ニコンZ 6II」のファームウェアVer.1.20、「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」のファームウェアVer.3.30、「ニコンZ 5」のファームウェアVer.1.10および「ニコン Z 50」のファームウェアVer.2.10を4月26日15時に公開します。

「Z 7II」「Z 6II」用のファームウェアVer.1.20では、AF性能が向上します。低輝度撮影時のAFにおいて、合焦時間が短縮。さらに、スピードライトを装着した場合に、顔、瞳を検出しにくかったシーンでの検出性能と、ファインダーや画像モニターでの被写体の視認性が向上し、AF使用時の使い勝手が良くなりました。また、顔、瞳、ターゲット追尾AFの追尾枠の追従性も良くなり、撮影時のストレスを軽減し、より快適で安定した撮影を実現します。

「Z 6」用ファームウェアVer.3.30では「音声メモ入力/再生機能」が追加※されます。

「Z 5」用のファームウェアVer.1.10 では、「ローライトAF」で低輝度時のAF検出速度が向上し、使い勝手が良くなります。

また、ピント合わせを行った後にカメラの電源をOFFにして再度ONにした場合もピント位置を保持する機能として「Z 7II」「Z 6II」に搭載し好評をいただいている「フォーカス位置の記憶」も、「Z 7」「Z 6」「Z 5」「Z 50」の最新のファームウェアで対応します。

ニコンプレスリリース

ニコンがZ 7II、Z6 II、Z 7、Z 6、Z 5、Z 50の各カメラの新ファームを26日の15時から公開すると発表しました。具体的には記事元リンクからご覧ください。内容的にはまとめると以下のようになるようです。

・Z 7II、Z 6II AF性能向上、低輝度時のAFの高速化。スピーとライト使用時の検出性能と視認性の向上。顔、瞳、ターゲット追尾AFの追従性向上
・Z 6 音声メモ入力/再生機能の追加
・Z 5 ローライトAFで低輝度時のAF検出速度向上
・Z 7、Z 6、Z 5、Z 50 電源OFF時のフォーカス位置の記憶機能に対応

内容をみるとZ 7IIとZ 6IIのAF機能向上というのは素晴らしいですね。キヤノンのAF機能などは素晴らしいということも聞きますので、少しでも機能向上するのは嬉しいところです。

あと、Nikon Z 5については通常使用では問題ないものの低輝度時のAFに多少問題があるというレビューがありますが、今回のファームアップでローライトAF時でも低輝度時のAF性能が向上するのは嬉しいのかな?と思いますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top