【ファームウェア更新情報】 ニコンD6、富士GFX100、ペンタックス8機種

各社のファームウェア更新情報

Nikon D6

ファームウェア C:Ver.1.11 から C:Ver.1.20 への変更内容

• カスタムメニュー f3[カスタムボタンの機能]に[撮影機能の呼び出し(ホールド)]を追加しました。
ファインダー撮影時に割り当てたボタンを1回押すと、露出モードや測光モードなどの設定があらかじめ登録した内容に変更されます。
もう一度ボタンを押すとボタンを押す前の設定に戻ります。
[撮影機能の呼び出し(ホールド)]を割り当てられるボタンは[プレビューボタン]、[Fn1 ボタン]、[Fn2 ボタン]、[縦位置 Fn ボタン]、[AF-ON ボタン]、[サブセレクター中央]、[縦位置 AF-ON ボタン]、[動画撮影ボタン]、[レンズのフォーカス作動ボタン]です。
• カスタムメニュー f13[サブセレクター中央を優先]を追加しました。
初期設定ではサブセレクター中央を押しながら上下左右に倒してもフォーカスポイントは移動しませんが、[サブセレクター中央を優先]を[しない]に設定すると、サブセレクター中央を押しながら上下左右に倒すとフォーカスポイントが移動します。
例えば、サブセレクター中央に[AF エリアモード]を割り当てている場合、変更後の [AF エリアモード]の状態でフォーカスポイント位置の変更が可能になります。
• カスタムメニュー a17[フォーカスポイント表示の設定]の項目に[フォーカスポイントの移動速度]を追加しました。
ファインダー撮影時に、マルチセレクターの上下左右のいずれかのキーを押し続けるか、サブセレクターを倒し続けてフォーカスポイントを移動する場合の移動速度を[標準]、[速い]、[より速い]から選べます。
• 拡大再生中もレーティング情報を常に表示するように変更しました。
また、再生画面設定が[画像のみ]の状態でも、拡大再生中はレーティング情報を表示します。
• [AF エリアモード]がダイナミック AF のとき、低輝度環境下のコントラストが低い被写体に対する安定性を向上させました。

Nikon D6ファームウェア

GFX100

Ver.3.01からVer.3.02への変更内容

ハイライトが多い被写体を撮影すると、稀に長手方向に線状のノイズが記録される問題を修正しました。

GFX100ファームウェア

PENTAX 8機種

・PENTAX K-1(1.54)
・PENTAX K-1 Mark II(1.20)
・J limited 01 (1.20)
・PENTAX KP(1.30)
・PENTAX KP J limited(1.30)
・PENTAX K-70(1.12)
・PENTAX K-3II(1.11)
・PENTAX K-3(1.42)

PENTAX サポートページ

各社から最新ファームウェアが公開されています。具体的には上記の機種になりますので、確認の上更新しておきましょう。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top