ニコン Z 6II、Z 7II新ファームを2月25日に公開と正式発表

Nikon Z 6II、Nikon Z 7II用新ファームを2月25日に公開と公式発表

ニコンがNikon Z 6II、Nikon Z 7II用の新ファームを2月25日に公開と正式発表しています。ニコンのリリースによると以下のような内容になっています。

この度、ミラーレスカメラ「Z 7II」「Z 6II」用ファームウェアVer.1.10を、2月25日15時に公開しますことをご案内いたします。

ファームウェアVer.1.10変更内容

ファームウェアVer. 1.10では、「Z 6II」の動画撮影において、4K UHD/60p※1に対応します。
さらに、「Z 7II」「Z 6II」の瞳AFでは、瞳検出の性能が向上しています。従来よりも人物の顔が小さいときでも瞳検出が可能となり、快適で安定した撮影をサポートします。

また、「Z 7II」「Z 6II」において、Blackmagic Design 社製の外部レコーダー※2へのRAW動画出力※3※4に対応予定※5です。ProRes RAWだけでなく、Blackmagic RAWでも記録※6することができるようになります。

ファームウェアVer. 1.10は動画撮影の多様なワークフローをサポートし、プロフェッショナルの本格的な映像制作ニーズに応えます。

また、Atomos 社製の外部レコーダー「NINJA V」で記録したProRes RAW動画について、Apple 社のFinal Cut Pro バージョン10.4.9以降で追加されたISO設定、色温度の調整に対応しました。これにより、Final Cut Proでの映像編集の幅が更に広がります。

なお、既に有償設定サービスを実施したカメラは、ファームウェアVer.1.10へのバージョンアップのみでBlackmagic Design 社製の外部レコーダーへの RAW 動画出力機能が有効になります。

※1 撮像範囲設定は[DXベースの動画フォーマット]となり、画質は[標準]に固定されます。
※2 Atomos 社製「NINJA V」に加え、新たにBlackmagic Design 社製「Blackmagic Video Assist 5″ 12G HDR」および「Blackmagic Video Assist 7″ 12G HDR」がニコンのRAW動画出力に対応となり、それぞれProRes RAW、Blackmagic RAWで記録できます。上記以外のレコーダーについては動作保証をしていません。(2021年2月18日現在)
※3 RAW動画は有償対応です。ニコン修理センターへ送付、またはニコンプラザ、サービスセンターへお持ちいただくと、有償にてRAW動画出力の設定を行います。
※4 「Z 7II」はFXフォーマットベースのフルHD、DXフォーマットベースの4K UHDのみRAW動画出力可能。
「Z 6II」はFX、DXを問わず4K UHD、フルHDのRAW動画出力が可能です。
※5 Blackmagic Design 社は、ビデオアシスト12GモデルにBlackmagic RAWを記録する対応機種として「Z 7II」および「Z 6II」をサポートするソフトウェアをリリースする予定です。
※6 4K UHD/60pについてはRAW動画出力には対応していません。

ニコンサイトより一部引用

変更内容をみると、主に動画録画機能の強化と瞳AFの機能強化ということになっている印象です。

まず録画機能に関してはZ 6IIが4k 60pに対応したり(DXフォーマットベースになりますが)、RAW出力できる外部レコーダーの追加や、その機能の強化といった内容になっているようですね。

やはり海外などでは、日本国内で感じるよりもかなり動画に関する需要が高くなっているようですね。ニコンとしても、より動画機能の強化が求められているというところだと思います。

そして瞳AFに関しては、より遠くから瞳を認識してフォーカスをあてることができるようになっているようですね。その他の被写体の追従性能の強化は見られないようで少し残念です。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top