ニコンのシェア低迷は、ユーザが本格的カメラをニコンに期待したから??

Nikon Z 9

ニコンの泣き所?

本格的なカメラを期待すると、カメラメーカとしての親しみやすさを失ってしまう?そんな指摘をする記事が掲載されています。どういうことなのでしょうか?

それでは記事をみてみましょう。

 ニコンの22年3月期の売上高は5396億円と、13年3月期(1兆104億円)と比べ47%減少した。主因は映像事業の不振。22年3月期の同事業の売上高は13年3月期比76%減の1782億円まで落ち込んだ。スマートフォンに需要を奪われデジカメ市場全体が縮小したほか、ニコン個別の問題としてミラーレスカメラ市場でライバルの後じんを拝した。

 日本カメラ博物館の山本一夫学芸員は「ニコンには本格的なカメラを期待する声が多い」とし、「(期待に応えようとすると)親しみやすさからは離れてしまう」と指摘する。本格的なファンと、新たなファンの双方に訴求することが難しいことが同社の泣き所であり、25年度中計でも映像事業の売上高目標は2000億円とほぼ現状維持だ。

記事によれば、ニコンはデジカメなど映像事業が低迷しつつあり、半導体露光装置や映像コンテンツ事業などを主力事業にしようとしているとしています。

以前から言われていましたが、かつてニコンはカメラ販売事業の割合が高いことが指摘されていました。当時はミラーレス市場に参入していなかったわけですが、このままではソニーにシェアを奪われ、ニコンの主力事業であるカメラ事業がじり貧になるのではないかということを言われていたわけですが、いま現在は結果的にそれに近い状況になっています。

このことはニコンも理解していて、恐らくですが映像事業以外の新しい事業を育てようということで、ヘルスケア事業、3Dプリンタなどの精機事業などへ取り組むことになったのだろうと思います。

新たなファンの獲得が急務か

記事によれば、ニコンには本格的なカメラを期待する人が多く、その人向けに本格的なカメラを作ろうとすると、その製品は親しみにくいものになり、新しいユーザからそっぽを向かれてしまうということがあるのではないかと指摘しています。

ニコンは一眼レフ時代はニコン、キヤノンという双璧の一つとなっていたメーカです。プロフェッショナルな人もニコンのカメラを利用していたため、ミラーレスカメラでもプロフェッショナルやハイアマ中な人の需要を満たす製品を作りたいと思うのは当然です。

しかし、それによって逆に新たなカメラを購入しようと思うようなアマチュアな人から選ばれなくなる可能性があるのだとしたら、皮肉というか、どうしようもないジレンマになっている可能性もあるのかなという思いもします。

一方でキヤノンやソニーは廉価なミラーレスカメラがあったり動画撮影用のミラーレスなどあります。ニコンもZ 30を投入していますが、親しみやすい製品にはなっていないようにも思えます。

このあたりは確かに記事にあるようにニコンにとってはジレンマのような状態になっている可能性もあるのかなとは思います。どのようにしたら、このジレンマを解消することができるのでしょうか?

(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/7cce616ff7853ed56052bd7eaf9e62f0cd2ead70

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

Nikon Z 9
twitterで最新情報をチェックしよう!