キヤノン 撮影/編集履歴を証明するCAIに参加へ ニコン、ライカとともに

キヤノンもコンテンツ認証イニシアチブに参加へ

キヤノンがアドビが主導するコンテンツ認証イニシアチブ)に参加するようです。どのような技術なのでしょうか?

写真がどのように撮影されたか「来歴」証明機能の推進に取り組むコンテンツ認証イニシアチブ(CAI)にキヤノンが参加する。カメラメーカーとして、ニコンやライカらとともに参加することとなる。

アドビが主導するCAIは、写真がどのように誰に、どのように撮影されたのかを示す来歴機能の実現に向けて取り組んでいる。偽情報などの問題が顕在化する中で、デジタル画像の真正性を示すために来歴機能が重視されており、キヤノンもこの来歴機能の実現に向けて協力する。

来歴証明は、画像などのデジタルコンテンツが撮影から編集、公開に至るまでのすべての過程において、改ざんや隠ぺいが不可能なメタデータ採用し、消費者に向けてアセットの出所や編集履歴を示す技術。CAIとキヤノンは、プロトタイプ開発や実装に取り組み将来の製品での導入を目指す。

これまでニコンやライカが参加を決めていた、アドビが主導するコンテンツ認証イニシアチブに、キヤノンも参加することが決まりました。

まず、このコンテンツ認証イニシアチブという技術ですが、難しいのでかいつまんで説明してみます(簡単に説明するため間違っている部分もあります)。いま現在、jpeg画像にはExifと呼ばれる撮影データが添付されていることがあるのを皆さんもご存じだと思います。Exifデータには撮影したカメラ機材、使用したレンズの焦点距離、撮影時のf値、中には撮影した場所の緯度経度や撮影時間が記録されていたりします。

しかし、このExifデータは誰でも変更することが可能なので、実際に記録されたデータが正しいかどうかを判別することはできません。

今回のコンテンツ認証イニシアチブで実現できることは、公開されている画像が、どのような変更や改変を受けてきたのか、そのデータを改ざんされない形で公開することで、その画像が本当に撮影されたものでフェイクではない本物であることを確認できる仕組みです。

これによってすべての画像が改ざんされたものか、改ざんされていないものかを判断することはできないのですが、少なくともこの記録が残っている画像であれば、どのように撮影されたのか、どのように変更が加えられたのかがわかる仕組みなので、少なくともオリジナルの画像がどのようなものだったのかということがわかるわけです。

改ざん防止の一歩へ

これまで画像を使ったフェイク画像というのはいくつもありました。

例えば熊本地震の時に動物園からライオンが逃げたという画像や、静岡県の水害の様子をAIを利用して作成された画像がネットで出回りました。これらについては、フェイクであるとは判断できないものの、少なくとも信頼できない可能性があるということが、コンテンツ認証イニシアチブの仕組みを通じて理解できるようになります。

まず「熊本地震のライオンが逃げた画像」についてですが、まず、その画像にコンテンツ認証がないことで、実際に信頼できる情報筋が提供していない画像である可能性が高いことがわかります(AIにより作成された画像かもしれません)。この時点で信頼性が低い画像だと判断することが可能です。

もし、コンテンツ認証が添付されていた場合、そこには撮影日、撮影時間、撮影機材、撮影場所などが記録されるため、もし撮影日が熊本地震の日時とずれていたり、撮影場所が熊本でなければ、それはフェイクであると見破ることが可能です。

このように撮影情報や編集した情報を積み上げていくことにより、実際にどのような経緯をたどって公開されたのかわかる仕組みですので、少なくともこの情報があれば改ざんされていない画像、もしくは変更が加えられていたとしたら、どのような変更が加えられていたのかがわかる仕組みとなっています。

この技術が多く採用されることで、改ざんされたものであるのかどうか、フェイクであるのどうか少しでもわかることができると思うので、広まっていくといいのかなと思いますね。

(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/f27a2fd7a1fa27878352cf0098c010cf82dd8eff

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!