ソニー α7 IV新ファーム公開 瞳AF精度向上、タッチシャッター対応

α7IV

ソニーα7 IVの新ファームを公開

ソニーがαR IVの新ファームを公開しています。どのような機能修正が入ったのでしょうか?

それではみてみましょう。

Ver. 1.10公開日:2022-08-24
※常に最適な機能・性能をご使用頂くため、最新のソフトウェアをご利用ください

アップデートされた機能の使い方はヘルプガイドを御覧ください。

ご注意
・本機種のアップデートは今後はメモリーカード版での提供となります。
・必ずVer.1.05にアップデートしたうえでVer.1.10にアップデートしてください。

1.RAW記録方式のロスレス圧縮で画像サイズが従来のLサイズに加えてMサイズとSサイズが選べるようになりました。
2.フラッシュ撮影時のシャッタースピードとISO感度の設定値が保持できるようになりました。
3.タッチシャッターに対応しました。
4.瞳AFの精度を向上しました。
5.動画ファイル内のメタデータにカメラのシリアル番号が記録できるようになりました。
6.Wi-Fi接続の操作性を向上しました。
7.モニター自動OFF時間の”1分”を追加しました。
8.EVFの表示が、周囲の明るさに合わせて明るくならない場合がある事象を改善しました。
9.動作安定性を改善しました。

ソニーWebサイト

アップデート内容をみると、かなりの問題が解決されたり、新しい機能が追加されていることがわかります。特に目に付くのは、

・ロスレス圧縮RAWで画像サイズの選択ができるようになった
・タッチシャッター対応
・瞳AFの精度向上

このあたりですかね。特にタッチシャッターなど当然対応しているのかと思ったら、対応していなかったのですね。ちょっと驚きです。

また瞳AFの精度向上は嬉しいのではないでしょうか。ソニーの瞳AFは完全に瞳にフォーカスが当たらずに、少し手前で合焦してしまうというレビューが多くあります。この精度向上というのが、ピントの精度の向上なのか、瞳認識の精度の向上なのかわかりませんが、いずれにせよ瞳AFの精度向上は嬉しいのではないかと思いますね。

α7 IVの最新情報

[catlist template=”default” thumbnail=yes currenttags=all]

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

α7IV
twitterで最新情報をチェックしよう!