Nikon Z 9 カメラグランプリ2022大賞を受賞 次点はEOS R3

Nikon Z 9

Nikon Z 9がカメラグランプリ2022大賞に決定

カメラグランプリ2022

 2021年度に発売となったカメラのベスト1は、ニコンの「Z9」に決定しました。おめでとうございます。同社のフルサイズ・ミラーレスカメラのフラッグシップモデルとして、メカシャッターレスで高画素&高速連写が評価されました。
 
大賞 選考理由
 有効画素数4571万画素の積層型CMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED7」の組み合わせにより、追従性の高いライブビュー表示、世界最多9種類の被写体検出、歪みを抑えた電子シャッター撮影などを実現したフラッグシップモデル。メカニカルシャッターを廃したことで、シャッターの動作音、および、動作耐久を気にする必要がなくなった点も評価された。
 
1位 ニコン Z9 
2位 キヤノン EOS R3 
3位 OMデジタルソリューションズ OM SYSTEM OM-1 
4位 ソニー α7Ⅳ 
5位 シグマ fp L

ASCII

Nikon Z 9がカメラグランプリ2022を獲得したそうです。

カメラグランプリは記事にもありますが、それぞれの年度に発売されたカメラのベスト1を決めるアワードです。年度ですので、2021年4月から2022年3月末までに発売されたカメラということになり、それからの決定ですので、2022年5月の表彰という流れになっています。

特殊な環境だった2021年度

2021年度は半導体不足などもあり、製品を発売したいけど発売できないというメーカが多かっただろうと思います。そのなかでも各社ともフラッグシップ/準フラッグシップモデルを発売しています。なので、大賞で選考された上位5機種にNikon Z 9、EOS R3、OM-1がランクインしたのも納得という感じがします。

OM-1はAF性能が大幅に向上しましたし、EOS R3は視線入力AFなど斬新な機能を搭載していますが、メカシャッターレス、8k動画の長時間記録などが可能なNikon Z 9が確かに前年度では頭一つ飛び出しているカメラなのかなとは思いますね。

今後、ソニーはα1の後継機種をキヤノンがEOS R1を発売してくると思いますので、次のカメラグランプリではどのメーカが大賞を獲得するのか楽しみです。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

Nikon Z 9
twitterで最新情報をチェックしよう!