ニコン Z 9新ファームを告知 8.3k 60p RAW記録対応、AF性能強化ほか

Nikon Z 9

ニコンが新ファーム発表へ

主なファームウェア更新内容

「ニコンZ 9」のファームウェアVer.2.00
・豊かな階調表現を実現する12bit 8.3K/60pに対応したRAW動画内部記録などの動画機能の進化
・動画の操作性を大幅に向上など、動画撮影に配慮した様々な機能を追加
・「ハイスピードフレームキャプチャ+」で静止画を撮影する際、シャッターを押してから最大1秒間まで遡って記録する「プリキャプチャ機能」をフルサイズミラーレスカメラとして初めて※1採用
・20種類の「カスタムワイドエリア AF」搭載をはじめとするAF性能強化
 ※1 2022年4月14日時点。ニコン調べ。

「ニコンZ 7II」「ニコンZ 6II」ファームウェアVer.1.40
・静止画でのAF性能向上により、オートエリアAF時の背景抜けが抑えられ、画面中央の被写体にピントが合いやすくなる
・「リモコン ML-L7」に対応

ニコンWebサイト

ニコンが新ファームの公開を告知しています。ニコンによれば、Nikon Z 9、Nikon Z 7II、Nikon Z 6IIの新ファームを4月20日に公開するそうです。4月20日は記事執筆時点で来週の水曜日になります。20日に日付が変わった瞬間に更新されるのか、20日の何時かに公開されるかはわかりません。

待ちに待った8k 60p対応

Nikon Z 7IIとNikon Z 6IIのオートエリアAF時の背景抜けが抑えられるというのもうれしい改善点ですが、やはり今回の目玉はNikon Z 9の動画対応ですね。特に8.3k 60pが内部にRAW記録でき、しかも時間制限が緩やかということですので、動画目的で購入した人/購入したい人にとっては待ちに待ったファームアップということになると思います。

また常に静止画を記録することで、レリーズボタンを押してから、その1秒前までさかのぼって静止画を記録できるプリキャプチャ機能もうれしい機能だと思います。ちょっとシャッターを切るタイミングが遅かったと思っても1秒前までさかのぼって記録してくれているので、シャッターチャンスを逃す確率が減ると思います。

その他、カスタムワイドエリアAFなどAF性能もかなり向上するようで、海外ではNikon Z 9 2.0と呼ばれるほど話題になっています。これでまたNikon Z 9のバックオーダーが増えるかもしれません。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top