キヤノン 19年連続レンズ交換式デジカメ世界シェアNo1

キヤノン 19年連続レンズ交換式カメラ世界シェアNo1

19年連続でレンズ交換式デジタルカメラの世界シェアNo.1を達成

キヤノンは、レンズ交換式デジタルカメラ(デジタル一眼レフカメラおよびミラーレスカメラ)の世界市場において、2003年から2021年まで19年連続で台数シェアNo.1※1を達成しました。

キヤノンのレンズ交換式デジタルカメラEOSシリーズは、「快速・快適・高画質」を基本コンセプトとして、キーデバイスであるCMOSセンサー、映像エンジン、および交換レンズを独自に開発してきたイメージングシステムです。プロから高い信頼を得ている高性能なフラッグシップモデルから、簡単な操作で高画質な撮影を楽しむことができるエントリーモデルまで幅広い製品ラインアップをそろえています。多彩な表現を可能にする豊富なRF/EFレンズシリーズとともに、お客さまの多様なニーズに応え続けています。

2003年9月、黎明期(れいめいき)におけるデジタル一眼レフカメラとして、画期的な低価格と小型・軽量を実現したエントリーモデル「EOS Kiss Digital」を発売することで、市場拡大のきっかけを作り、世界シェアNo.1を獲得しました。その後もプロ向けEOS-1Dシリーズや、一眼レフカメラによる動画撮影を普及させたEOS 5Dシリーズなどの時代を切り開く製品を提案してきました。さらに2018年10月には、理想のレンズ設計から生まれた「RFレンズ」の魅力を最大限発揮するためのイメージングシステム「EOS R SYSTEM」を立ち上げ、2020年7月には、世界初※2の8K動画撮影機能を搭載した「EOS R5」を発売するなど、撮影領域のさらなる拡大と新しい映像表現の可能性を追求しています。

2021年は、プロやハイアマチュアユーザーから求められる高い性能と信頼性を兼ね備えたフルサイズミラーレスカメラ「EOS R3」(2021年11月発売)および8種類のRFレンズ※3を発売し、VR映像撮影システム「EOS VR SYSTEM」を立ち上げるなど、システムのさらなる拡充を図ることで、キヤノンは2003年から19年連続でレンズ交換式デジタルカメラの世界シェアNo.1を達成しました。

キヤノンは、これからも光学技術を中心に映像技術に磨きをかけ、EOSシリーズをRF/EFレンズシリーズとともにさらに強化・拡充することで、新たな映像領域を切り開き、写真・映像文化のさらなる発展に貢献していきます。

キヤノンWebサイト

キヤノンがレンズ交換式デジカメで、19年間連続世界シェアNo1を達成したことが明らかになりました。キヤノンがプレスリリースで発表したものです。

当サイトでもミラーレスカメラ、一眼レフカメラのランキングについてニュースとしてお伝えしていますが、キヤノンのカメラは必ず上位にランクインしていて、世界シェアNo1になっていることも納得です。

BCNランキングなど、より一般消費者を対象となっているランキングでは、APS-CのEOS Kiss MやEOS Kissが上位にランクインし続けていますし、フルサイズでもEOS RPが上位にランクインしていて人気です。

プロフェッショナルやハイアマチュアの購入割合が多いと思われるヨドバシカメラのランキングなどでは、EOS R5やEOS R6がランキングの常連で、様々な種類のカメラがまんべんなく売れているという印象ですね。

対抗馬と目されていたソニー

去年、おととしとソニーがフルサイズミラーレスでかなりのシェアを得ていましたので、もしキヤノンを超えるシェアを獲得するのならソニーになるだろうと誰もが思っていたと思います。

ソニーのカメラも売れているのですが、APS-Cミラーレスがキヤノンの牙城を崩せていないのが大きいと思いますね。まずソニーは一眼レフカメラを販売していませんし、APS-Cミラーレスもα6100とα6600がEOS Kissを超えるような販売ができていません。

ソニーもAPS-Cミラーレスに力を入れているとは思うのですが、やはりKissのブランドを超えるのは難しいのかもしれません。

個人的には、やはり軍幹部のあるカメラのほうがカメラらしく一般の人には見えている可能性もあるのかなと思っています。あとファインダーが光軸上にないのも個人的には違和感があるのですが、そのあたりを気にしている人もいるのかもしれません。

APS-Cはともかくフルサイズでは完全に競合していて、バチバチにやり合っている状態ですが、最終的にシェアを得られるのはどちらになるでしょうかね?タムロン、シグマがレンズを発売してレンズラインナップがそろっているソニーか、それともカメラのブランド力や歴史が長く既存ユーザが多いキヤノンのどちらが強いかという争いになっているように思っています。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog