タムロン 20/24/35mm F/2.8 Di III OSD新ファーム公開 α7 IVとの利用でAFに不具合

35mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F053)

タムロンがレンズの芯ファームを公開

[更新情報]
20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F050)
24mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F051)
35mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F053)
ファームウェアアップデートのお知らせ

平素はタムロン製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

2021年12月23日付弊社ホームページにて、弊社レンズ20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F050)、 24mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F051)、 35mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F053)ソニーEマウント用に おいて、不具合現象が発生する旨のお知らせを掲載いたしましたが、このたびファームウェアのアップデートにより改善するようになりましたのでお知らせいたします。

対象機種
20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F050)
24mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F051)
35mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F053)

改善される点
α7 Ⅳとの組合せで、動画撮影時にAFがMFに切替わってしまう現象

タムロンWebサイト

タムロンのEマウント用レンズで、動画撮影時にAFモードがMFに切り替わってしまう問題が報告されていましたが、本ファームでこの問題が解消するそうです。

対象機種は以下のレンズとなっています。

20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F050)
24mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F051)
35mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F053)

動画を撮影しない人には関係ないかもしれませんが、動画撮影目的でレンズを購入した人はさっそくファームアップしておくといいと思いますね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog