ニコンへのインタビュー記事 “Z fcは過去最高レベルの反響” “抜群の手応え”

ニコンへのインタビュー記事が公開

・ニコンの近年のカメラのなかでも過去最高レベルの反響
・大きな反響のもとでの滑り出しとなり、抜群の手応えを感じている
・歴史的カメラ「FM2」にインスパイアされたデザインに愛着を感じるカメラ愛好家、レンズ交換式カメラを初めて手にする若い方にも新鮮なデザインに映ったようだ
・男女の区別なく、世代を超えた幅広い支持を得ている

PHILE WEB

ニコンのNikon Z fcがデジタルカメラグランプリ2022で総合金賞を受賞したということで、ニコンへのインタビュー記事が掲載されています。記事はとても面白いので、全文は記事元リンクからご覧ください。

このインタビューのNikon Z fcに関する部分が上記で要約して引用したものになります。ニコンによれば、Nikon Z fcはSNSのキーワードランキングで上位にランクインするほどの反響で、ニコンが近年発売したカメラのなかでも過去最高レベルの反響があったとしています。

そして、FM2を知っている昔からのニコンユーザや、レンズ交換式カメラを初めて購入する人にも新鮮なデザインとして感じてもらえたようだとしています。そのため、男女の区別なく、世代も超えて幅広い支持を受けることに成功したとしていますね。

ニコンにとってZ fcは朗報もライバル出現の可能性も

ニコンがNikon Dfに続いてZ fcのようなカメラを発売したことにも驚きましたが、ここまで人気が出たというのも驚きでした。それは富士フイルムがすでにクラシカルなデザインのカメラを何台も発売していたからです。

ただクラシカルなデザインが欲しいのであれば、富士フイルムのカメラでも十分なわけで、なぜいまさらZ fcが大きく受け入れられたのだろうと思いました。

クラシカルなデザインを採用した富士フイルムのX-T30

実は今でも理由はよくわかりませんが、ニコンが作ったカメラで、歴史あるFM2をインスパイアしたデザインのカメラだという歴史的背景があるところに魅力があるというところなのでしょうか。

ここ数年は富士フイルムがクラシカルなデザインのカメラで存在感を増していたわけですが、そのときに本当はニコンこそがクラシカルなデザインで質実剛健なカメラを富士フイルムのように投入するべきだったと考えている人が多かったことを記憶しています。いままでのZ fc発売前までの状況をみると確かにそういう考えもあるよねと思っていました。

今回のNikon Z fcの成功がきっかけになり、フルサイズでもNikon Dfのミラーレスバージョンが発売される可能性はあるのでしょうか?そして、廉価なクラシカルデザインのカメラを発売するという可能性も考えられるのでしょうか?。二匹目のドジョウがいるのかどうかは非常に興味深いです。

しかし、クラシカルなデザインで人気がでるとキヤノンも同様にクラシカルデザインのカメラで参入してくる可能性もあるわけで、ニコンにとって必ずしもバラ色の将来が続くというわけでもないように思います。また一時的に人気が高まっただけで終わってしまう可能性もあり、じっくり各種設定をして撮影を楽しむというスタイルを早く定着させていくような施策も重要になるのかなと思います。

[template id=”4241″]