ニコン 一眼レフ1機種、一眼レフ用レンズ1本をさらにディスコンに

ニコン Fマウントレンズ1本、一眼レフ1機種をディスコン

一眼レフ製品ページ

Fマウントレンズ製品ページ

ニコンの一眼レフと、Fマウント用レンズがさらにディスコンになっています。画像はNikon Z fcです。

ニコンのホームページによれば、今回ディスコンになったのは一眼レフカメラのD810Aと、フルサイズ一眼レフ用のAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDです。

D810AはD810の天体撮影用の一眼レフです。なので需要がものすごく多いという製品ではないので、このディスコンは仕方がないのかなと思いますね。もしかしたらNikon Z 7II AやNikon Z 6II Aという製品が発売される可能性もありますので、そちらに期待したいと思います。

しかし、ニコンの一眼レフ製品はかなり寂しくなってしまいました。フルサイズ用はD6、D850、D780だけになってしまいましたし、APS-C一眼レフはD500とD7500だけになってしまいました。D5600とD3500もなくなってしまって、すっかり廉価一眼レフはなくなってしまったわけですが、新製品の発売はあるのでしょうか?

ちなみにニコンダイレクトでは、D5600の販売キャンペーンがなぜか実施されています。最終の売り切り目的なのでしょうか?

フルサイズ一眼レフ用の広角ズームは1本だけに

レンズに関しては、新たにAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDがディスコンになりました。この製品は大三元となるレンズと比較すると特殊な焦点距離のレンズですが、廉価な価格で、発売日も2013年と比較的に最近なのに、ディスコンになってしまいました。

大三元となるAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDは発売を継続していますが、こちらは2007年の発売ということで設計的にはかなり古いレンズです。なので、いちおうAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDと大口径標準ズームがあれば、AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDの焦点距離はカバーできるとはいえ、もう一眼レフはオワコンになりつつあるんだなと強く感じます。

価格の高い一眼レフは今後も発売される可能性はありますが、恐らく中身はミラーレスカメラと同じになると思いますので、そうなるとさらにミラーレスのほうがいいということでミラーレス化が進んでいく可能性が高いのかなと思います。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!