ニコン 本日Z fc 28mmキット、40mm f/2発売も入手困難か 届いた人いますか??

Nikon Z fc 28mm f/2.8 Special Edition いよいよ本日発売

ニコンがNikon Z fc 28mm f/2.8 Special Editionキット(以下、SEキット)とNIKKOR Z 40mm f/2(以下、40mm)が本日発売されました。どちらも待ちに待った発売ということで、かなりの人気になっているようです。

価格.comの調査によれば、SEキットの最安値は14万3550円となっていて、これはこれまでとずっと変化ありません。売れ筋ランキングではミラーレスランキングで31位と下位に低迷していますが、それは入手が困難であること、供給が少ないことが影響しているのかなと思いますね。

ただ、今現在、価格.comでみると、いくつかのショップで販売をしているところがあるようですので、購入できる可能性があるかもしれないので調べてみるといいかもしれません。

NIKKOR Z  40mm f/2も発売

そして、廉価なレンズとして期待されていた40mmレンズも本日発売です。価格.comによると最安値は2万8710円となっていて、これまでのニコンのレンズから考えると信じられないほどの廉価なレンズとなっていて、これは売れるだろうなと思いますね。

そして、やはり販売しているショップはほとんどなく、多くのショップで入荷待ちの状況となっています。半導体不足やプラスティックの原料となるナイロン不足の影響などを考えると、入手するまでにはしばらく時間がかかる可能性がありますので、気長に待つしかなさそうですね。

これまでAPS-C用のレンズとしては、フルサイズと同様の焦点距離で、さらに廉価なレンズを提供したほうがいいと思っていました。ですが、クロップファクターを考慮して、フルサイズとAPS-Cの両方で利用できるような焦点距離の単焦点レンズを、APS-C価格で提供するのも一つの手なのかなと感じています。

そのようにすれば、1本のレンズでフルサイズとAPS-Cの両方で利用できる廉価なレンズを揃えることができるので開発リソースが少なくて済みますし、APS-Cからフルサイズの乗り換えにも適応することが可能です。さらにフルサイズとAPS-Cのラインナップをそれぞれ拡張することができるので、一石二鳥だと思いますね。

ですが、これまでSEキットと40mmレンズが人気だと、実際にどの程度の人が手にしているのか気になります。実際に手にした人はおられるのでしょうか?もしいたら教えていただけると嬉しいです。

[template id=”4241″]
NIKON NIKKOR 40mm f/2
twitterで最新情報をチェックしよう!