カメラを持たない人の過半数 “カメラの写真のほうが良いとは思わない”

カメラで撮った写真よりカメラのほうがいい写真?

70代以上では85.7%が「持っている」と回答するなど年代が上がるにつれて「持っている」と回答した方のほうが多くなった。一方、20代以下の方は半数以上の53.2%が「持っていない」と回答。

カメラを「持っていない」と回答した方に、カメラで撮った写真のほうが、スマホで撮った写真より良いと思ったことがあるかについて聞いた。

「ある」と回答したのは41.6%。

@DIME

カメラに関するアンケートの記事が公開されています。上記は興味深い部分のみを一部引用したものですので、全文は記事元のリンクからご覧ください。

記事によれば、20代以下(0~29才)でカメラを持っていない人は53.2%だとしています。逆にいうと所有している人は約47%ということで、案外、結構多くの人がカメラを所有しているんだなという印象です。

そして、少し驚いたのは、カメラを持っていない人に、「スマホとカメラで撮影した画像のどちらが良いか?」という趣旨のアンケートを行ったところ、カメラで撮影したほうが良いと思った人は「41.6%」に止まったそうです。

ということは、逆に言えば、約58%の人がスマホでもカメラでもさほど変わらないと感じているということになりますね。そうすると多くの人がスマホがあるから、別にカメラなんか必要ないと感じているということになります。ちょっと厳しい結果かもしれません。

埋められない価値観の基準の違い

よく、カメラはスマホには不可能な表現ができるので、その魅力を知って欲しいというような意見がありますが、そもそも、そのカメラでしかできない表現というものが、一般的なユーザに求められているものでなければ、カメラも求められないということになる可能性があります。

カメラを所有せず、カメラで撮影した画像のほうが良いと思わない58%の人が、実際にカメラとスマホカメラで撮影できることの違いについて詳しく知っているかどうかは、このアンケート結果からは不明です。しかし少なくともスマホカメラとカメラで撮影した画像の差(善し悪しの区別)がわからなければ、新たにカメラを購入しようと思わないのも理解できるところです。

なので、スマホよりカメラのほうがキレイに撮影できるとか、カメラのほうがスマホにはできない表現で撮影ができるという前提は、いちどゼロベースで見直したほうがいいのかもしれません。

一般的なユーザは実際にはどのような写真や撮影方法を好んでいるのか、そしてもしカメラでしか実現できない表現手法を知ったら本当にカメラが欲しいと思うようになるのかなど、市場調査をしていく必要があるのかな?と思います。そして、それによって新製品を開発したり、スマホカメラとカメラの違いや、カメラで撮影した場合の優位点みたいなものを周知していくなど、需要を喚起していかなければならないのかもしれません。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!