パナm4/3継続を明言 OMデジタルはフルサイズ非参入を明言

 

4月3日はフォーサーズの日

フォーサーズの日にあわせて、OMデジタルソリューションズとパナソニックの特別ライブが公開されています。

オリンパスライブ

記事ではマイクロフォーサーズ関連についての話題が様々取り上げられていますが、そのなかでもパナソニックやOMデジタルソリューションズのマイクロフォーサーズへの関与についての発言が気になりましたので報告します。

記事の内容で、以下のようにそれぞれのメーカが発言していました。

■ パナソニック マイクロフォーサーズからの撤退の可能性について
・安心して欲しい
・フルサイズとマイクロフォーサーズでは特徴がことなる
・間違いなくマイクロフォーサーズにも力を入れていて、実際に今もいろいろとやっている

■ OMデジタルソリューションズ Lマウントへの関与について
・マイクロフォーサーズとしての道を突き進む。他はやらない

異なる各社のスタンス

これまでのネットの反応として、パナソニックに関してはフルサイズミラーレス市場に参入したので、フルサイズ市場に注力するためにマイクロフォーサーズへの関与を少なくするのではないか?という観測がネット上で多くみられました。

そしてマイクロフォーサーズについては、パナソニックと同様にフルサイズ市場に参入していくのではないか?という観測がありましたね。

今回のライブ配信のなかで、パナソニックはマイクロフォーサーズもLマウントもアライアンスでやっているので、2マウントを維持することはそれほど難しいことではないというような発言をしています。

そしてOMデジタルソリューションズは、自分たちはマイクロフォーサーズだけでやっていくということを明言する結果となりました。

マイクロフォーサーズはマウントの規格で、その他にはライバルがいないのでマイクロフォーサーズを強力に推進できれば、それだけ顧客が増えて、そうすると自然にOMデジタルソリューションズにはメリットになる可能性があります。ですが、フルサイズ市場はソニー、キヤノン、ニコンと多くのメーカが参入している市場で、そこで優位性を出すことはかなり難しい状況にあると思えます。ですが、一方でフルサイズに参入しないと利益が見込めないという可能性もあるので、難しい判断ではあると思いますよね。

オリンパスはマイクロフォーサーズ市場に賭けていて、パナソニックはより広い市場を求めたということだと思いますが、結果的にはどちらが正しいということになるのでしょうか。今後が気になります。

[template id=”4241″]
E-M5 Mark III
twitterで最新情報をチェックしよう!