キヤノンが2020年レンズ交換式デジカメで世界シェアNo1に

キヤノン 2020年レンズ交換式デジカメで世界シェアNo1

キヤノンが2020年のレンズ交換式デジカメで世界シェアNo1になったそうです。

キヤノンは3月29日、レンズ交換式デジタルカメラで世界市場におけるシェア率が台数ベースで2020年もナンバーワンを獲得したと発表した。

一眼レフカメラおよびミラーレスカメラを含めた集計(同社調べ)によるもので、2003年から連続18年目のナンバーワン獲得だという。

2020年に同社が発売したカメラ製品は、一眼レフカメラで同社カメラ製品のフラッグシップの位置づけとなっている「EOS-1D X Mark III」(2月14日発売)のほか、EOS Rシステムの第2世代機「EOS R5」(7月30日発売)および「EOS R6」(8月27日発売)、APS-Cセンサーを搭載する一眼レフ機「EOS Kiss X10i」(6月25日発売)、同じくAPS-Cセンサーを採用するミラーレス機「EOS Kiss M2」(11月27日発売)を投入。特にEOS R5はバックオーダーを抱えるほどの支持を獲得し、入手難のカメラとしても話題を呼んだ。

デジカメWatch

記事では2020年、レンズ交換式デジカメでキヤノンがシェアNo1になり、これで2003年から連続でNo1となっているようです。

キヤノンは去年、EOS-1D X Mark IIIやEOS R5を発売していますし、EOS Kiss M2も発売していますので、確かにそうだねという感じです。

去年のソニーの大躍進をみると、ソニーが1位になっていてもおかしくないと思えるような感じだったのですが、やはり一眼レフの存在や、廉価なミラーレスカメラがあるということはキヤノンの追い風になっているのだと思いますね。

ミラーレスでは廉価で高性能なEOS Kiss Mがあり、一眼レフではEOS KissシリーズやEOS-1D X、EOS 90Dがあります。ソニーはミラーレスがほとんどでしょうし、廉価なAPS-CでキヤノンのEOS Kiss Mに対抗するような機種がないことも影響してそうです。

キヤノンはEOS R5で本気を出してきましたし、ソニーもα1でまたキヤノンを突き放したような印象がありますので、次のキヤノンのプロフェッショナル向けカメラがどのようなものになるのかが楽しみですね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top