パナソニック “カメラ事業からシフト 動画ミラーレスを収益源に”

LUMIX GH6

パナソニックカメラに関する経営戦略を転換か

パナソニックが今後のカメラ事業についての戦略について発言しているようです。どのような発言をしたのでしょうか?それでは記事をみてみましょう。

  • 中韓勢の躍進やスマートフォンの普及などで今後大幅な成長が見込めない既存のテレビやカメラ事業から収益源をシフトする。具体的数値は非公表。
  • 成長事業領域には新規事業に加え設置自由度の高いテレビ、動画ミラーレスカメラ、ヘッドホン、インターホンを掲げた。

ニュースイッチ

全文を読むとニュアンスが変わるかもしれませんので、興味のある人は記事元リンクから全文をご覧ください。というわけで、はっきり述べているのですが、カメラ事業は大幅な成長が見込めないとしています。

そのため成長事業領域としては、動画撮影向けのミラーレスカメラを挙げていて、収益源はそちらにシフトしていくようです。

動画撮影用のミラーレスカメラは確かに今後も成長の余地があるかもしれません。例えば、ハンディカムといった既存のビデオカメラ市場が衰退していっているので、その穴を埋めるためにもレンズ交換式のビデオカメラというのは意味があるかもしれませんね。

ただ、現状ではソニーとニコンが注力し、キヤノンも参入しつつある動画撮影向けのミラーレスに今からさらに注力して意味があるのかどうか、すでにパナソニックは動画向けのミラーレスはそれなりに人気があったはずなのでどれだけ意味があるのかは不透明なようにも思えます。

またフルサイズとマイクロフォーサーズという二つのマウントを抱えているわけですが、どちらを重視していくかも気になりますね。マイクロフォーサーズのほうが小さなシステムで動画撮影用のシステムを組めますし、満を持したフルサイズもあるし、アライアンスも組んでしまったので両方のマウントを維持するのはかなり厳しいのかなとも思います。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

LUMIX GH6
twitterで最新情報をチェックしよう!