ニコン決算発表 増収増益 “中高級機注力を継続”

ニコンが決算発表

ニコンが2023年3月~9月の決算を発表しています。映像事業はどのようになっているのでしょうか?

それでは決算の資料の内容をみてみましょう。

ニコンWebサイト

数値的には増収増益

まずは、2023年3月期(2022年度)の決算の状況についてみてみます。まず、前年(2021年度)と比較し、253億円の増収で1145億円の売上となっていることがわかります。また利益についても前年と比較して97億円の増益で180億円の利益となっています。これらの数値は前回の予想よりも増えているということで、かなり好調に推移している状況がわかります。

これはカメラの販売が好調ということもあると思いますが、おもに円安効果がでてきているのではないかと思いますね。なので輸出の割合が高い企業については、単純に前年度と比較するのは難しいのかもしれません。

それでも増収増益となっていて、少なくとも黒字になっていないということは、かなりの朗報だと思います。一時期はニコンはカメラ事業を売却したほうがいいのではという意見もありましたが、利益が出せているのであればその心配はなさそうです。

そして3枚目の画像になりますが、製品のカテゴリ式販売台数の内訳が今回わかりました。これをみると2020年の第4四半期から販売台数がかなり目減りしていることがわかります。何が原因なのかよくわかりませんが、半導体不足や廉価コンデジの販売が少なくなったことによる影響なのでしょうか?

今後の製品については、今後も趣味層、プロフェッショナル層を対象にし、製品は中高級機に注力するという記述があります。ニコンに関して、以前には廉価な機種を増やしたいという記事もありました。(参照 ニコン “低価格機種を増やしたい 一眼レフ撤退なし” 低価格製品に期待できる??)これはあくまでエントリーモデルではなく中高級機の低価格製品ということなのでしょうか?このあたりは非常に気になります。

この記事の関連投稿

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!