ミラーレス化を進めるニコンに勝算はあるのか?? Z 9は不発だった??

Nikon Z 9

ニコンに勝算はあるか

ミラーレスを推し進めてニコンの勝算はあるのか?という記事が掲載されていましたので紹介したいと思います。

それでは記事をみてみましょう。

フラッグシップモデル「ニコン Z9」は不発?

ニコンが満を持して世に送り出したのが、初のフラッグシップミラーレス「ニコンZ9」。2021年12月に発売しました。

しかし、2022年4-6月のレンズ交換式デジタルカメラ販売台数は前年同期間と比較して2万台の減少。「ニコン Z9」の登場はカメラファンから好意的に受け止められましたが、ヒットしている兆しはありません。

(中略)

第2の富士フイルムとなるべきニコン

ただし、中長期的に見てカメラ事業が会社の成長をけん引する存在でないことは明らか。市場が縮小する業界にしがみつくわけにはいきません。会社全体で注力しているのが、半導体露光装置。精密機器事業の売上高は2023年3月期に2,112億円となり、カメラ事業を上回っています。営業利益率もカメラ事業の10.6%と比較して精密機器事業は18.6%と高水準。

(中略)

ニコンは最先端のロジック半導体製造用ではなく、NAND型フラッシュメモリーなどに向けたArF液浸露光装置の開発に邁進しています。

かつて富士フイルムは、フィルムカメラが廃れて事業存続の危機に陥ったものの、医薬品や医療機器分野で頭角を現し、見事復活を遂げました。

現在のニコンは、かつての富士フイルムと重なるところがあります。

@DIME

記事によれば、ニコンはカメラ事業単体で赤字を計上した年があり(2019年と2020年)、売上も年々減少しているとしています。2021年はなんとか事業単体で黒字、2022年度の予想も売上は318億円の増加を見込んでいるが、これは円安の影響を受けている可能性が高いとしています。

Nikon Z 9が販売されても売上台数の増加にはつながっておらず、Z 9は価格が高いので台数が減った分を高価格の商品を売ることで補っている状態だと論じています。

ニコンは第二の富士フイルムになるべき?

ニコンはもともと廉価な商品の販売を取りやめ、利益率が高い商品で勝負をしていくという経営戦略に転換しているので台数が減少するのは予定通りでしょうし、その分減った売上を価格の高い商品を販売することで穴埋めするというのも当然のように思えます。

記事では”Nikon Z 9は不発?”と記述されていますが、Nikon Z 9は高額なカメラですので台数が見込める機種ではないですし、現在もバックオーダーを抱え簡単に入手できる状況になっていません。また、ニコンもZ 9の製造ラインを増やすとプリレスリリースを出しているほどですので、少なくとも予想以上には売れていると考えるのが妥当だと思います。

ですが市場は縮小していくのは目に見えていますから、他の事業にも注力していく必要はあると思いますね。

通常の会社は現在の花形となっている業種で得られた資金を、他の成長分野に投資して市場を育て、再び花形の事業にするように投資をしていきます。現在のカメラ事業は斜陽になりつつあるので現状までで得られた資金で新たな成長事業を見つけようとするのは自然の流れです。

問題はそのような事業を育てられるかどうかですが、そこが腕の見せ所になると思いますね。

Related Posts

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

Nikon Z 9
twitterで最新情報をチェックしよう!