ニコン レフ機とエントリー機の終了が中期計画から判明

ニコンの映像事業の中期戦略が明らかに

ニコンの映像事業に関する中期経営計画が明らかになりました。具体的には、こちらのPDFが詳しいので、こちらをご覧ください

資料によれば、ニコンは高付加価値商品、ミラーレスカメラに経営資源を集中していくとしています。そして上記の画像をみるとわかるのですが、レンズ交換式カメラはにおいては、2025年度には初級機の台数はほとんどなくなり、すべてが中高級機になることを目指していることがわかります。

さらにレンズに関しては2021年度でZマウントレンズが29本だったものが、2025年度までに50本以上発売するとしており、最低でも21本のレンズが発売される可能性があることがわかります。

またニコンは、動画撮影に関する需要を満たすために、動画機能にも注力していくことがわかりますね。

そして衝撃的なのは、レンズ交換式カメラでエントリークラスのカメラはほぼなくすことを目標にしていることが明らかになったことです。これにより、例えばD5x00、D3x00シリーズのようなカメラはもう発売されないことが決定的になりました。

ということは、仕様にもよりますが、噂されているNikon Z 30のようなEVFがないミラーレスエントリークラスというのももう発売されない可能性がさらに高まったのだろうと思います。

一眼レフは完全終了へ

さらに衝撃的なのは、ニコンはもう一眼レフを完全に終了させ、ミラーレスへ完全移行することを明確化させたことです。それは、以下の資料からわかります。

このグラフでは、カメラの種類別の売上収入における2021年度と2025年度の違いがわかります。このグラフをみると、いま2021年度は、まだ一眼レフからの売り上げ収入が30%ほどありますが、2025年度ではほぼミラーレスからの収入になり、グラフをみた感じですと一眼レフからの収入は10%にも満たない5%程度の売上しか計画していないことがわかります。

このことから、すでに発売しているカメラの一定の製造は続けるかもしれませんが、フェードアウトさせていく方向になっていることが明確化されたことになります。たぶん、Nikon D6、D880などは残すのですが、ほそぼそと生産していく感じになり、カメラの主力は完全にミラーレスへ移行していくことになりそうです。

そしてFマウントレンズからの収益も少なくなることもわかりますので、今後、新しいFマウントレンズが発売されることなく、このまま人気レンズについては定期的に製造されるかもしれませんが、現在の在庫がなくなれば終売になる可能性が高いのではないかと思いますね。

これにより、一眼レフの新製品が発売されることは恐らくなくなったと考えることができると思います。また同時に、エントリークラスのカメラの発売もなくなったと考えられることができるので、最低でもNikon Z 50やNikon Z fcがニコンのなかで最も低価格のカメラになる可能性が高いのだと思いますね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

nikon_d6
twitterで最新情報をチェックしよう!