ニコンの製品情報ページに違和感が?? 皆さんは気がつきますか??

ん?何か違和感が・・・

突然ですが、クイズです。以下の画像はニコンのZマウントレンズ製品一覧ページのスクリーンショットです。これをみて、何かしら違和感を感じる人はいるでしょうか?

ニコンWebサイト

気がついた人はかなり記憶力のいい人かもしれません。

正解は・・

↓ なんかニュースアプリでよくでてくるクイズみたいな感じになってきました

正解はこちら

これをみるとわかると思います。以前はこんな感じでした。

そうです。これをみるとわかるのですが、従来のFX、DXという表示がなくなり、フルサイズ、APS-Cサイズという表記に変更されていることがわかります。

このFXとDXという表記はニコン独特のもので、少しわかりにくかったのですよね。例えば、FXというのはマウントのことではなくFXというフォーマット(フルサイズセンサー)という意味だったのですが、あまりよく知らない人がみると、フルサイズ一眼レフに使用できるレンズでしょ?みたいに思っている人も多いです。しかし、いまはフルサイズミラーレスも発売されているので、このあたりが混同されわかりにくい人も多いようですね。

まとめると、こんな感じになっていました。

・Fマウント FXフォーマット フルサイズ一眼レフ
・Fマウント DXフォーマット APS-C一眼レフ
・Zマウント FXフォーマット フルサイズミラーレス
・Zマウント DXフォーマット APS-Cミラーレス

フルサイズとAPS-Cはセンサーの違いなので理解してもらいやすいと思うのですが、これを記号としてFXやDXと表現すると、たぶん一眼レフ用のFXレンズをミラーレスにも利用できると勘違いする人も多いのではないかと密かにおもっていました。

ニコンがそうかんがえたのかどうかはわかりませんが、少なくともWebサイト上ではFX、DXという表記は最小限にして、フルサイズ、APS-Cという表記に改めていくようです。たぶん、このほうがわかりやすいと思いますね。

とはいえ、ニコンはこのFX、DXという呼び方を完全にやめたわけではなく、製品ページでは以下のような表記もしています。

ニコンWebサイト

このように、ちっさくなりましたがFXフォーマットという表記も残っています。

より一般的に通用する呼び方に変更したのはいいことだとは思うのですが、いまさら表記を変更したことには、どのような意味があるのでしょうね。そして、どうして今になって変更したのでしょうか、きっかけは何だったのか、ちょっと知りたいところではありますね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog