Nikon Z 9生産台数にネット混乱 3万5000台か3500台か 錯綜する情報

Nikon Z 9の生産台数は?

いまNikon Z 9の生産台数がいったい何台なのか?ということが話題になっています。発端は以下の記事です。

日本経済新聞

これは日本経済新聞の記事なのですが、この記事にもあるようにNikon Z 9は69万8500円で、当初は月産3万5000台を予定しているとしています。

実は、この台数を読んだときに、かなり台数が多すぎるんじゃないのかな?と思いました。プロフェッショナル用のフラッグシップモデルを購入する人はそれほど多くないと思うので、いきなり月産3万5000台も製造するのかという感じです。ただ、当初という但し書きがあるので、初期需要が落ち着くまでは、それぐらいの生産台数を維持するのかな、その後には減っていくのだろうなとも思いました。

その後の新情報

そして、その後にニコンにプレスリリースの原文が同じく日経のサイトで公開されていることが明らかになります。以下の画像はそのプレスリリース本文を引用したものです。

日本経済新聞

そこには生産台数として当初の予定は3.5千台という記述があるのですよね。そうするとこちらの数字のほうが正しいとすると月産3500台ということになり、桁が一つ異なります。そして、このぐらいの台数なら、高価格でそれほど数が売れないフラッグシップモデルならあり得る台数なのかなと思います。

恐らくこれはニコンが提供したPDFを日経がそのまま掲載しているだけだと思うので、数字が正しいとしたら恐らく3500台が正しく、3万5000台というほうが間違っているようにも思えます。そして月産3500台だとしたら、Nikon Z 9を入手するまで1年待ちというのも理解できるところです。

さて、実際にはどちらの数値が正しいのでしょうか?Nikon Z 9がかなり話題性のある仕様でしたので、結構いろいろ混乱があるようですね。

[template id=”4241″]
最新情報をチェックしよう!