Vloggerカメラは動画目的でなく安いから売れている可能性??

Nikon Z 30

Vlogger向けカメラの売れ行きが2年で倍増

動画撮影用のカメラが、この2年で倍増しているそうです。どのような理由で売れているのでしょうか?

それでは記事をみてみましょう。

 11万円を超える強気価格の「Z30」で、この8月に参入したのはニコンだ。レンズ交換型のAPS-Cセンサーを搭載するモデルで、Zマウントのカメラとしては初めてファインダーを取り払った。今のところパナソニックのG100と同程度は売れている。価格を考えるとまずまずの出足だ。とは言え、ニコンの中では安い。同社のミラーレスカメラの平均単価は18万2200円、一方、Z30は11万9200円と34.6%安だ。安いといえばソニーも同様で、同社のミラーレスカメラの平均単価は12万8700円。対して9月のZV-E10の平均単価は7万8200円、これも3割超の39.2%安だ。パナソニックは全体が9万1800円に対して、G100が7万5400円。やや控えめだが17.9%安と2割近く安い。Vlogger向けカメラの人気の秘密は、目先の新しさだけでなく、価格の安さにもありそうだ。

BCN

記事によれば、動画撮影用のカメラはかなり売れていて、2020年6月を1とすると、2022年9月には1.88ほど売れていて、およそ2倍近く市場が拡大したとしています。

しかし、その売れている理由というのは結構複雑な状況にあるのかもしれないことが示唆されています。

価格が安いから売れているのか

個人的にはYoutuberを目指す人や、動画撮影をメインとする人がEVFなしでも割り切って購入しているので、最近は動画撮影向けカメラが売れていると考えていました。しかし記事を読むと、機能的なものだけでなく、その価格の安さから売れている可能性があるということが指摘されています。

静止画の撮影ではEVFは必須だと思っているのですが、動画撮影向けであればEVFは必ずしも必須ではありません。静止画の撮影で不便になるかもしれませんが、そのぶん割り切って価格の安い動画撮影向けミラーレスカメラや動画撮影向けコンデジを購入するという選択肢はアリだと思います。

しかしこの記事によれば単純に価格が安いので売れているという可能性もでてくることになります。

今はスマホでの撮影が当たり前で、むしろEVFやOVFを利用して撮影した経験がある人のほうが少ないかもしれません。なのでこれまでのスマホのように撮影できればよく、むしろ価格が高くなってしまうのであればEVFは必要ないと考える人がいてもまったくおかしくないと思います。

従って動画撮影用のカメラが欲しいからということではなく、単純にカメラが欲しいけどEVF付きのカメラは高いのでEVFがなく廉価な動画撮影用のカメラを購入する人も多いということも動画撮影向けのカメラが人気になっている側面はあるのかもしれません。

そう考えるとせっかくのカメラなのにファインダーがないというのはもったいないと感じてしまいますが、そのあたりは価値観が違うのでしょうね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

Nikon Z 30
twitterで最新情報をチェックしよう!