ソニー 新ハイエンドAPS-C基本スペックの噂 α7Cに似た形状??

ソニーのハイエンドAPS-Cの基本スペックに関する噂

別の情報筋が、私たちが知っていることを確認し、そして追加のいくつかのヒントをくれた。

・基本的にAPS-Cセンサーのα7cになる
・同じEVFと背面液晶の解像度
・同じ可動式背面液晶
・同じ新しいメニューシステム
・α7cの筐体に少しの調整が加えられているだけ
・しかし小さなAPS-Cセンサーを利用し改良されたボディ内手振れ補正
・新しいセンサー
・現在のAPS-Cシリーズよりも高解像度になる
・連写性能はα6600と同じだが、ファイルサイズは増加している
・改良された低輝度性能
・ローリングシャッター歪みの削減
・動画性能はα7cにたぶん近い
・価格はα7Cと同様

SonyAlphaRumors

ソニーのハイエンドAPS-Cについての噂が報告されています。上記の画像はα7Cの参考画像です。

内容をみると、基本的にはα7Cと同じ筐体で、EVFや背面液晶などもまったく同じものが流用される可能性があるようですね。

ただしセンサーは新しいものになり、そして小型のAPS-Cセンサーなのでボディ内手振れ補正のシステムにも何かしらの改良が加えられているようです。

ですが、これで価格はα7Cとほぼ同じような価格になるとすると、結構高額なカメラになりますね。ちなみにα7Cボディの初値は約20万5000円で、α7 IIIボディの初値は約22万3000円でした。ということは、新しいカメラについても20万円近い価格になることが予想されます。

もし、同じ価格で基本性能も似たようなものだとすると、違いはセンサーサイズの違いと、センサーの解像度の違いだけということになりそうです。そう考えると、APS-C用のレンズを利用できるのでシステム全体として小型化できるということが最大のメリットになるのでしょうか?ほぼ同じ価格ならα7Cのほうを購入するという人も多いと思いますが、望遠を多用する人にとってはAPS-C版があると嬉しいのかもしれません。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「ソニー 新ハイエンドAPS-C基本スペックの噂 α7Cに似た形状??」への2件のフィードバック

  1. α7Cと同価格帯で連写も動画性能などもほぼ同じで画素数と手ブレ補正がちょっといいだけのAPS-C機だったらあまり魅力を感じませんね。
    これではα7Cと食い合うかα7Cに食われてしまうのではないかと思いますが。

  2. 7CのときもS3,、α1のときも、ここにいるようなマニアが酷評すれば売れるジンクスは今回も変わらないでしょう。
    マニアと実際にカメラを買う世代の思考の違いが見れてこのサイトの存在価値はあると思います。

    Infoの爺さんたちのコメントもほんとに酷いものです・・・

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top