Nikon Z 30にはEVFがあるのかないのか?? なしという観測広まる

Nikon Z 30にEVFがあるのかないのか話題に

NikonRumors

最近、様々なサイトで上記の2枚の画像が引用されて、Nikon Z 30にはEVFがないという情報が特に海外で出回っています。上記の2枚の画像は、ニコンが出願している特許や、そこから得られた情報をもとにCGや実際のモックアップとして作製されたもので、ニコンから流出した情報ではないことに注意が必要です。かいつまんでいうと完全に想像で作られたものということですね。

ただ、特許の情報からZ 30がどのようになるのか?ということを想像するのは楽しいですし、上記の画像をみながらだとより想像が膨らみます。

上記のモックアップの画像をみると、ニコンのZマウントはマウント口径が大きいので、カメラ本体をできるだけ小さくしようとすると、マウント上部がカメラからせり出しているような形になってしまうことがわかります。Zマウントの大口径はレンズ設計にとって有利かもしれませんが、APS-Cミラーレスを小型に作るのには不向きです。なので、どうしても、小型化のためには、このようなデザインにならざるを得ないのだと思いますね。

カメラサイズ的には小さくすることはできませんが、口径が大きいぶん、レンズ設計に余裕がでてきますので、沈胴式を採用するなど、より小型で高品質なレンズを作れる可能性があり、その点ではZマウントにもメリットがあるかもしれません。

APS-Cミラーレスを購入する一般的な人は、キットレンズに単焦点や便利ズームを1本か2本ほど買いますぐらいの人が多いでしょうから、レンズの小型化(特に全長)による活路を見いだせる可能性はあると思います。

Z 30のEVFレスのメリットとデメリット

今のところ特にNikonRumorsでZ 30にはEVFが内蔵されてはいないかもしれないという話が掲載されてから、多くのサイトでもEVFはないのではないか?という意見が多くあり、そのサイトのコメント欄にもEVFはないかもしれないと考える人は多いようです。

静止画を撮影する人にはEVFは必須だと思いますが、最近はスマホで撮影する人も多く、むしろEVFは要らないので、そのぶん価格を安くして欲しいと考える人がいても不思議ではありません。また動画メインで撮影するので、その場合には背面液晶で十分という人も多いと思います。自撮りメインの人もEVFの必要性は低下します。

そう考えると、バリアングル液晶を搭載してEVFなしの動画撮影や自撮り専用、もしくはスマホからのステップアップとして廉価なミラーレスが欲しいという人向けのカメラもアリなのかな?と思います。

逆にソニーのカメラのように、カメラの左上部にEVFを設置される可能性もあると思います。光軸上ではなくなりますが、普通に撮影するぶんには十分だと思います。ただ、値段が高くなりそうなので、Z 50との差別化という意味では難しくなりそうです。

実際にはどうなるのでしょうか。EVFありのモデルなのか、ナシのモデルなのでしょうか?そして仮にないとしたら後付EVFの可能性もあるのでしょうかね?非常に気になります。Z 30はまもなくの発表が予想されています。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!