キヤノン 来年前期に広角単焦点3本を発表?? 増える広角ラインナップ

キヤノンの新レンズの噂

キヤノンから2023年に発売される新レンズの噂が掲載されています。どのような噂なのでしょうか?

それでは記事をみてみましょう。なお、アイキャッチ画像はキヤノンレンズのイメージ画像です。

RF 35mm f/1.2L USM(またはf/1.4)は長らく噂されてきた。かつて「EF24-70mm F2.8L II」や「EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM II」でも同様の現象がみられていたが、市場に出回るまでかなりの時間がかかった。

キヤノンは2023年の前半にRFマウント用の広角Lレンズ3本を発売する計画だと言われている。一つのレンズはRF 35mm f/1.2L(またはf/1.4)、RF 24mm f/1.4L USMになるだろう。3本目のレンズは現時点では不明だが、キヤノンは28mm L単焦点レンズを発売するという噂を聞いている。

(記事元)CanonRumors

というわけで、噂によれば、以下のようなレンズの可能性があるようです。

  • RF 35mm f/1.2L USM(またはf/1.4)
  • RF 24mm f/1.4L USM
  • 不明(28mm Lレンズ?)

というわけで広角レンズがそろい踏みというような感じになっています。

広角レンズは撮影が難しいレンズでもありますが、うまく構図を作ることができればとても素晴らしい写真を撮影できるレンズです。さらに最近は動画の撮影もミラーレスカメラで行われているので動画撮影用途として考えると非常に重要なレンズになりますよね。

このようなに広角のラインナップを増やすというのは、ビデオブロガーのことを考えると必要になってくるのかもしれませんし、選択肢が増えるのは嬉しいことだと思いますね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!