ソニー APS-C用新レンズ3本の内訳が判明か 大口径超広角単焦点ほか

ソニーの新レンズの仕様

これが、まもなくソニーが発表する3本のAPS-Cレンズだ

・11mm f/1.8 (フルサイズ換算17mm)
・15mm f/1.4 (フルサイズ換算22mm)
・10-20mm f/4.0 (フルサイズ換算15-30mm)

10-20mmレンズはとても小型かつ軽量で旅行にぴったりな広角ズームレンズになると言われている。

ソニーが大口径広角レンズを発売することは、本当に大きなコミットメントだ。ソニーが新しいAPS-Cカメラも発表しないのはとても残念だが、それは世界的な半導体不足の影響もある。ZVのようなEマウントカメラの発売を2022年遅くまで延期したと聞いている。

SonyAlphaRumors

先日お伝えしたソニーのAPS-C用の新レンズについてですが、その焦点距離や開放f値に関して報告されています。アイキャッチ画像はソニーのAPS-Cカメラのイメージ画像です。

記事によれば、発売されるレンズは3本、うち2本が広角単焦点レンズで、1本が広角ズームになるだろうとしています。仕様的には11mm f/1.8、15mm f/1.4、10-20mm f/4.0というズームレンズになるそうです。換算で17mm、22mm、15-30mmというレンズになるわけですね。

個人的には中望遠レンズがメインになるのかと思っていたのですが、残念ながら大外れで広角レンズの拡充ということになりました。それでは、現在、ソニーが発売している単焦点レンズについてみてみます。

・E 16mm f/2.8
・E 20mm f/2.8
・Sonnar T* E 24mm f/1.8
・E 35mm f/1.8
・E 50mm f/1.8

確かにこうしてみると11mm f/1.8あたりは考えられそうな焦点距離ではありますね。15mm f/1.4については16mm f/2.8があるので、その付近の焦点距離はないだろうと思っていたのですが、まさかのf/1.4という開放f値のレンズとして発売される可能性があるようです。

これらのレンズはハイアマチュアやプロフェッショナルを対象にしたレンズになると思いますので、ソニーがハイアマチュア向けのAPS-Cミラーレスの拡充を考えていたり、またはハイアマチュア以上の動画制作向けとしてより広角で大口径なレンズを供給していこうと考えているのではないのかなと思います。

特に動画撮影者には嬉しいレンズになるかもしれません。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!