キヤノンが22年末にEOS R7を発売と噂 RFマウントAPS-Cカメラ??

EOS_R5

キヤノンがEOS R7を年内発売か

*更新* このカメラはEOS R7と呼ばれ、年内、恐らく第4四半期に登場することを確認した。

キヤノンのEOS R7(今のところそう呼んでいる)が、正常な世界であったらすでに発売されていたという噂がある。

私たちはEOS R7が2022年第4四半期発表の予定になっていると言われている。この傾向は、キヤノンがよく8月末または9月初旬に発表を行うのと一致している。

今のところ仕様に関する情報は少なく、現時点がわかっていることを確認することができない。

CanonRumors

キヤノンがEOS R7を今年の第4四半期に発売する可能性があるという噂があるようです。10月、11月、12月のいずれかということになりますね。そして、もし正常な世界であれば、すでに発売されていただろうとしています。この正常な世界というのは、新型コロナのパンデミックがなかったり、物流の混乱、半導体不足が顕在化していなかったらという意味だと思われます。

仕様についてはいまのところ明らかになっていないようですが、どのようなカメラなのでしょうか?

どのような製品の可能性が?

キヤノンはEOS 5DやEOS 6DをイメージさせるEOS R5とEOS R6を発売しています。とくにR5の5という数字には、かなりのこだわりがあるようで伝統の5シリーズの冠のあるカメラということで、満を持してEOS R5を発売しています。

ということは、ですが、EOS R7が正式名称だとしたら、EOS 7Dシリーズの後継機種という立ち位置になる可能性も考えられるのでしょうか?EOS 7DというとAPS-Cセンサーを搭載したハイアマチュアモデルで、EOS 7DとEOS 7D Mark IIはベストセラー機種となりました。

とすると、命名規則だけから考えるとEOS R7はRFマウントを採用したAPS-Cセンサー搭載モデルとなる可能性が高いのではないのかなと思いますね。いよいよキヤノンもフルサイズセンサー用のRFマウントを採用したAPS-Cカメラを発売するということになるのでしょうか?そして、既存のEF-Mマウントはどうなるのでしょうか?今年の年末はかなりアツイことになりそうです。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「キヤノンが22年末にEOS R7を発売と噂 RFマウントAPS-Cカメラ??」への4件のフィードバック

  1. カメラのキタムラを見ましたが、M6 markⅡは販売完了品となっていますね。ということでいえば、まずは個人的にはEF-Mでその後継があるのか否かなのですが。。。それは置いておいて、APS-Cフラッグシップ的なものはどのぐらいの価格で、世界的にどれぐらいの需要があるのかがなかなか難しく、キャノンといえども簡単とは言えなさそうに思えます。OMDSのOM-1も世界的にはどうなのか、またフジのX-H2がどのような感じで出てくるのか。ただどうもソニーとニコンは出さないのではと思えるので、その点ではキャノンはやるのかな的な期待が持てそうな気もするのですが。でもまだまだ紆余曲折がありそうな気もします(フルサイズ機の可能性など)。OMDSのクワッドピクセルAFやフジの8K&2600万の2機種とかはスペック的には強力な気もします。。。。

  2. え、RFでミラーレス版7Dみたいなのほんとに出すんですか?
    少なくともR6より安くないとあまり売れない気がしますが。
    APS-Cならシステムとして充実してる富士がいてX-H2(s)も待ち構えてますし。
    キヤノンのAPS-Cユーザーを富士に取られないための牽制みたいなもんなんじゃないかと思いますが (キヤノンの噂って他社が何か出すとウチもそういうの作ってますよという噂が出てきますよね) 。

  3. 路傍のカメラ好き

    1ヶ月ほど前に、某店にいた販売員から秋頃にAPS-Cボディが出ると聞きました。キヤノンの4Qは10〜12月なので、今回の噂と合わせると4Qの前半でしょうか。口ぶり的には7D2後継な印象でしたね。
    EF-Mがある、ソニーもニコンも消極的、とAPS-Cへの参戦にはまだ懐疑的ですが、フジにはまだ不足かつ7シリーズの戦場だろう望遠・動体撮影には、RFというよりEOSシステム全体としてまだ一日の長があるかと思います。
    X-H2(s)の実力次第ではフジの躍進もありそうですが、超望遠単が少ないのは痛いですね……ズームは150-600が今年中に出るらしいですが。

  4. ん~!
    本当だろうか?
    EOS R6のボディに改良版のEOS M6 markⅡのセンサーを搭載したカメラが
    30万円で販売されたら買う人はどのくらいいるでしょう。
    恐らく信号処理の負荷が R5 と R6 の中間ぐらいになるので R6 より安くなる
    とは思えません。
    何か特別なギミックを搭載しない限り多くは売れないかもしれません。
    例えばセンサーの切り替え式、もう一つは EF EF-S Ef-M RF すべてのレンズが
    使えるマウント構造等なら面白そうです。
    いずれもキヤノンが特許を出願しているのでいずれかが製品化されたら
    注目されますね。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top