キヤノン 1200mm f/8、800mm f/5.6ミラーレンズの特許 RFレンズで発売されるのか??

キヤノン 1200mm f/8ミラーレンズの特許

実施例1

・焦点距離 1200mm
・f値 8.02
・半画角 1.03度
・像高 21.64mm
・レンズ全長 380.02mm
・バックフォーカス 100.01mm

実施例1

・焦点距離 800mm
・f値 5.60
・半画角 1.55度
・像高 21.64mm
・レンズ全長 340.01mm
・バックフォーカス 49.58mm

(当サイトによる解釈です)

IPForce

キヤノンが反射屈折光学系を採用したレンズの特許を出願しています。上記の実施例の画像をみるとわかりますが、ミラーを使って光を反射させることで焦点距離を稼ぐことができて、より全長が短い望遠レンズを作ることが可能になります。

実施例をみると、800mmと1200mmのレンズの特許となっていて、それぞれ1200mm f/8、800mm f/5.6というレンズになります。バックフォーカスがめちゃくちゃ長いので一眼レフ用のレンズとしても利用可能ですが、もちろんミラーレスにも適用できるだろうと思います。

発売の可能性は?

今回の特許は出願しただけで審査未請求となっていますので、いわゆる防衛的な特許になるのかなと思います。ミラーレンズは絞り固定で玉ぼけもリング状になってしまうなどデメリットもあるわけですが、キヤノンが特許として出願したというのは非常に興味深いですよね。

キヤノンは、望遠レンズでRF600mm F11ですとか、RF800mm F11という変わったレンズを発売していますので、ひょっとしたらミラーレス用としてミラーレンズを発売する可能性もあるのでしょうか?気になります。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

最新情報をチェックしよう!