キヤノン RFマウントAPS-Cカメラ来年発売と噂 Kiss M後継は発売される??

キヤノン いよいよRFマウントAPS-Cカメラを発売?

キヤノンが2022年遅くにAPS-C RFマウントカメラを発売する

長く噂されていたキヤノンのAPS-C RFマウントカメラが登場する可能性がますます高くなってきた。ある確かな情報筋はキヤノンは「間違いなく」APS-C RFマウントカメラを2022年に発売すると述べた。

いま我々が話し合っているEOS R7のようなカメラや、EOS Mシリーズに置き換わるものになるかどうかはわからない。

CanonRumors

長らく噂されていたRFマウントのAPS-Cミラーレスカメラが発売されるかもしれないという噂が再燃しています。記事によれば、「確かな情報筋」から聞いたこととして、間違いなく来年中にRFマウントのAPS-Cカメラが発売されるだろうとしています。ただ、そのカメラがどのようなカメラになるのかは、現在のところ分かっていないとしています。

どのようなカメラとして販売されるのか、EOS Kiss MのEF-Mマウントはどうなるのかという可能性は3通り考えられると思います。ちょっと考えてみます。

RFマウントAPS-Cミラーレス導入のシナリオ

可能性1 EF-MマウントとRFマウントのどちらも維持

現在、EOS Kiss Mシリーズが非常に好調に売れています。なのでEF-MマウントとRFマウントを両方とも維持して、RFマウントバージョンのEOS Kiss Mも発売する可能性が一つです。これならば既存のユーザからの不信感もないでしょうし、どちらのラインナップも維持できるので理想的です。小型なカメラが欲しい人はEF-Mを選択すればいいですし、よりレンズのラインナップ重視ならばRFマウント版を購入するという選択が可能です。

しかし、こちらは両方のラインナップを維持しなければならず、経営的なコストになるのでカメラ市場が縮小していくなかでキヤノンはカメラ事業を維持できるのか?ということが問題になるかもしれません。

可能性2 完全にRFマウントに移行する

やはりEF-MとRFマウントの両方を維持するのは難しいということで、今後はRFマウントのみの発売にしてしまうという可能性が二つ目の可能性です。EF-Mを廃止すればRFマウントに注力できるので経営コストも開発リソースも少なくて済みます。RFマウントでEOS Kiss Mの後継機種を発売すれば、ユーザもそちらに流れていくでしょうから、誘導を促してしばらくしてからEF-Mをフェードアウトさせることが可能になると思います。

しかし、このやり方ではEF-Mマウントをばっさり切り捨てることになり、特にすでに購入済みのユーザからは、今後の新レンズも期待できないわけで不満の声がでる可能性があります。そしてRFマウントは非常に大きいので小型なカメラを作ることが難しくなるという副作用もでてくる可能性があります。

可能性3 高級機種のみRFマウントで発売する

EOS Kiss Mがこれだけ売れているので、もし利益がでているのであれば止めてしまうのはもったいないと思いますね。しかもEF-MマウントはRFマウントと比較して口径が小さいので、小型なミラーレスカメラを作ることに寄与します。

このことから、廉価なミラーレスはEF-Mマウントとして発売し、レンズも最小限のものだけ残しておき中級~ハイエンドのミラーレスに関してはRFマウントで発売するというシナリオも考えられるだろうと思います。

フルサイズ用のRFレンズをAPS-Cで利用する人は、一般的なユーザではほとんどないでしょうし、レンズを買い増すといっても一般的なユーザは標準単焦点、マクロ、高倍率ズームのいずれか1本か数本を買い増す程度だと思います。なので最低限のレンズラインナップでEF-Mを存続させるのがベストという考え方もあると思います。

ただ、この可能性では、やはり二つのマウントを維持することに変わりがないので、ある程度のコストがかかってしまうことになります。


個人的には、3番目のシナリオ、廉価機種のみEF-Mマウントで維持して、中高級機をRFマウントで発売する可能性が高いのかなと思います。ただRFマウント版のEOS Kiss Mも発売して動向を見極めたうえでEF-Mのほうをゆっくりフェードアウトという可能性も捨てきれないなと思います。

どのようになるのでしょうか。カメラ市場の縮小や、新型コロナウィルスの動向、半導体不足など様々な要因が絡んでくると思いますので非常に流動的になるのだろうなと思います。

[template id=”4241″]
最新情報をチェックしよう!