EOS R7、EOS R10レビュー “キヤノンのAFの考え方に変化”

EOS R7

EOS R7、EOS R10レビュー

EOS R7とEOS R10のレビュー記事が掲載されています。その記事によれば、EOS R7とEOS R10でキヤノンのAFに対する考え方に変化が見えるとしています。どのようにキヤノンの考え方が変化しているのでしょうか?

その部分を引用してみます。他にも興味深いレビュー内容がありますので、全文は記事元リンクからご覧ください。

両モデルとも、デフォルト(工場出荷時)の設定では、AFモードは「SERVO」とし、「トラッキング」はONとなりました。これは「EOS R3」と同じで、ピントは常時被写体に合わせ、AFエリアから被写体が外れてしまっても画面内に被写体がある限りトラッキングでピントを合わせ続けることを意味します。従来、デフォルトのAFモードは、合焦するとその時点でAFを停止する「ONE SHOT」に設定され、「トラッキング」はEOS R3より前のEOS Rシリーズでは搭載されていませんでしたので、ある意味真逆と述べてよいAFの設定となります。

マイナビニュース

記事によれば、EOS R7、EOS R10ではAFのデフォルト設定がAFモードがSERVOになり、トラッキングがONになっているそうです。従来の機種ではAFモードはONE SHOTだったのだそうです。

このAFモードについて、キヤノンはONE SHOTの場合は静止している被写体を、SERVOの場合は動く被写体を撮影するのに適しているとしています。ONE SHOTではピントが合うと、シャッターボタン半押し状態でAFが固定されます。SERVOではシャッターボタン半押しで被写体にピントを合わせ続けようとします。そのためSERVOは動く被写体向けとされています。

センサーがずっと被写体を捉えることができる

これまで一眼レフは、レンズから入ってくる光をミラーで反射させて光学ファインダーとして利用してきました。そのためイメージセンサーは撮影する瞬間しかセンサーは被写体を捉えることができません。

しかしミラーレスになって常にセンサーが被写体を捉えることができるため、センサーが得た情報をもとに被写体を認識し、常に被写体を追尾するようなことが可能になります。そして、最近はAIによる被写体の識別能力が格段に向上していますので、被写体の追跡にもミスがなくなってきています。

このことはカメラにとってはかなり革命的なことで、キヤノンとしても被写体追尾能力に自信を持つことで標準のAFモードがSERVOに設定されているのだと思いますね。

こうなるとかなり厳しい状況でない限り置きピンは当然ですがAFロックも必要ないということで、これまでの一眼レフとはまったく異なる撮影スタイルが一般的になっていくのだろうと思います。記事にもありますが、動画のように常に撮影していて、そこから静止画を切り取るというようなスタイルになっていくのかもしれませんね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

EOS R7
twitterで最新情報をチェックしよう!