ニコン 新マウント変換アダプタFTZ II発売の理由 機能に違いは??

FTZ IIが正式発表

Nikon Z 9の発表が大きな話題になるなかで、その影に隠れてしまった感のあるのがFTZ IIマウントアダプタです。これは従来のFTZと同様に、ニコンの一眼レフ用交換レンズであるFマウントレンズを、ニコンのミラーレスカメラで利用するためのマウント変換アダプタです。つまり一眼レフ用のレンズがミラーレスでも使えるということですね。名称は、Fマウント to ZマウントでFTZだと思われます。

形状的な大きな違いは、写真をみるとわかりますが、マウントアダプタの底部にでっぱりがあり、ここに三脚を取り付けられるよう三脚座が設定されています。FTZ IIにはそれらしいでっぱりは見当たりません。

このマウントアダプタの三脚座ですが、一眼レフ用のレンズをミラーレスカメラで使用するとき、マウントアダプタの三脚座を利用すると、カメラの三脚ネジ穴を利用するよりも重心がややレンズ寄りになりバランスがよくなるので便利という一方で、ボディに付けたクイックシューに干渉するですとか、縦構図で構えるときに指があたり邪魔になるですとか、一部の雲台やレンズに干渉して使えない場合があるなど不満な部分も多くあったようです。

FTZ IIの商品紹介では、以下のような記述があります。

「マウントアダプター FTZ」から三脚座を取り除き、凸部を最小化。縦位置撮影時にも指がマウントアダプターに当たらないためしっかりグリップでき、動画撮影時などにもアクセサリー装着の妨げにならないため、多様なアクセサリーを使用して快適に撮影できます。

Nikon Z 9はNikon D6から買い換える人も多いでしょうし、縦構図で撮影するのも当たり前という感じになるので、より使い勝手のよいFTZ IIを併せて発表したということなのかなと思います。

機能的な違いは?

それではFTZからFTZ IIになり、形状以外の何かしらの機能的な変化があるのでしょうか?

FTZとFTZ IIのそれぞれの仕様をみてみると対象レンズに関しては同じであることがわかります。こちらのFTZ IIとの組み合わせで使用できるレンズFTZとの組み合わせで使用できるレンズには違いがなく、対応レンズは変化がないように見えます。

また仕様をみても機能的には変化がないようですので、FTZ IIは完全にFTZと互換性があるようです。また一部の報道によれば、FTZ IIが発売されることでFTZは終売になる見込みのようですので、特に機能的な違いはないFTZ IIを安心して利用できるのではないかなと思いますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「ニコン 新マウント変換アダプタFTZ II発売の理由 機能に違いは??」への5件のフィードバック

  1. 寝返った男

    レンズ資産を生かそうとするメーカーの姿勢は素晴らしいと思いますが、
    Zマウントレンズに買い換えてもらった方が営業的には良いのでは?
    とも思います。
    自分は今後ニコンに戻った場合は現在F6で使っているレンズはZには使わず
    新たにZマウントレンズを購入しようと考えています。
    (そもそもAI Dタイプ Gタイプの骨董品なので行く行くは買い替えが必要なので
    マウントアダプターは不要)

    1. お金がある人は良いですね。
      180-400, 600クラスをそうそう買い換えられません。

  2. 私はFTZ現行型を持っていますが、これを介してFレンズをZ6ボディに装着すると、D780に同じレンズを装着した時よりもカメラボディ背面(ファインダー部の後方突出部分は除いて)からレンズ先端部までの長さが1cm程長くなります。
    ❓と思いましたが、Z6とD780では撮像素子(距離基準マーク)の位置が違い、Z6機の方が前(マウント面側)に出ている所為と判りました.。
    この1cmの差が出る為に、私も基本的にZ6にはZレンズを、D780にはFレンズを使うことにしています(笑)。
    尚、FTZとFTZⅡの違いをメーカーに問い合わせましたが、外形と重量の他は変更なしとの回答でした。

  3. 何かの機能アップがないのは残念。
    これなら、最初からこの形で出してくれたらよかったのに。

  4. FTZ IIはZ 9ユーザーのためのものといってもいいくらいでしょう。
    先行レビューしてる人で初代FTZだとZ 9の縦グリでは指が干渉するというのもありますし、Fマウントのプロ/ハイアマユーザーがZ 9導入としてはハイグレイドな中/超望遠レンズがZマウントにはまだまだありませんので。
    本来はニコンとしてもZ 9はZレンズラインナップを取り揃えた上で出したかったと思いますが、ソニーやキヤノンのハイエンド争いに乗り遅れてこれ以上ユーザーを流出させるわけにはいかないと判断したのでしょう。
    なのでZレンズラインナップが整うまではFTZ IIを使ってくださいということでは。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top