富士フイルム訴えられたと報告 X-Pro3耐久性問題で

X-pro3

富士フイルム X-Pro3の問題で訴えられる

富士フイルムがX-Pro3の耐久性の問題で訴えられているようです。どのような問題が発生して、なぜ訴えられているというのでしょうか?

それでは記事をみてみましょう。以下は記事を機械翻訳したものになります。

訴状によると、富士フイルムが何年にもわたって「抜群の耐久性」を約束するために使用する複数の宣伝文句にもかかわらず、代わりにカメラは確実に機能せず、欠陥、損傷、欠陥がないとは言えない。これは主に、通常かつ意図した使用と説明されている後に勝手にゆるんだり外れたりする欠陥リボンコネクタケーブルをカメラが使用していることに起因する。

「この欠陥により、ビューファインダーおよび/またはLCDタッチスクリーンに不具合が生じたり、完全に動作しなくなったりして、デバイスの機能と性能に影響を及ぼした」と訴訟を提起しています。

「ほとんどの消費者は、警告なしにこの欠陥と関連する問題に遭遇しています。実際、多くの消費者は、緩んだり外れたりした後、予期せずこの不具合を経験しました。しかし、この欠陥は、気づかれたり経験されたりするよりもずっと早くから存在し、継続的に進化していた。これは、リボンコネクタのケーブル機構が、通常の使用、頻繁な開閉、表示モードの切り替えに耐えるにはあまりにも弱いためです。”

PetaPixel

リボンケーブルに不具合か??

記事によれば、富士フイルムのX-Pro3にはリボンケーブルが利用されていて、そのケーブル自体の耐久性、もしくはコネクタ部に何かしらの不具合があり、ケーブルが切れたり接触不良になり使えなくなってしまうということを問題視しているようです。

このリボンケーブルというのは、電子機器を分解したりノートパソコンの部品を交換したりした人ならみたことあると思うのですが、一般的にはオレンジ色のペラペラしたフィルム状のケーブルのことを述べているのだろうと思います。

そしてこれが実際に発生することなのか?ということですが、記事によればネットで検索すると同様の症状をした画像がいくつか検索できるとして実際に発生している事象なのは間違いないようです。

このため、現在、ニューヨークで他の人と集団訴訟になったとしています。

記事では「頻繁な開閉」が原因の一つという記述があるので、ひょっとしたら背面液晶などを頻繁に開閉したとき、リボンケーブルが耐えられなくなって破れてしまったりして機能しなくなった可能性もあるのかなと思いますね。

実際に耐久テストなどは行っているはずだと思うのですが、実際にハードに使用すると壊れてしまう可能性があるのは残念ですね。そして、これが本当に訴訟として認められるのかどうか判決も気になります。わかりましたら追って当サイトで報告したいと思います。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

X-pro3
twitterで最新情報をチェックしよう!