キヤノン “EOS R5が好調な理由は3つある” 好調の理由とは何か??

 ――コロナ禍でデジカメ市場が縮小している中、高額なEOSシリーズのR5やR6の売れ行きが好調なのはなぜでしょうか。

理由は3つある。まず高性能で商品力が強いこと。2018年に発売した「EOS R」など、われわれがミラーレスの第1世代といっていたものから、それに続く第2世代のR5やR6は、デジカメの性能を飛躍的に向上させた。

発売のタイミングも大きかった。2020年はコロナという異常な年で、オリンピックも延期になった。春以降にカメラ市場は大きく底を打ち、回復してきたタイミングに新製品を投入できた。市場の戻りを追い風にできた面もある。

3つ目はネーミング。当社の製品で「5」という数字を冠する商品は、ミラーレス時代以前から新しい機能を搭載する役割を与えられた製品だ。「5」のブランド力は高く、もちろん顧客からの期待感も大きい。そのイメージも貢献した。

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/a7a5af00ea6cdbe66ddd2a603c7ebe78ea9d9514

EOS R5の売れ行きが想定以上に好調

東洋経済ONLINEがキヤノンへのインタビュー記事を掲載しています。全文は記事元リンクからご覧ください。

記事によれば、EOS R5については想定以上の好評で、高額だけれども順調に販売できているそうです。そしてそれに伴ってミラーレス用のレンズについても順調に伸びているとしています。

EOS R5がなぜ売れているのか?その理由として述べているのが、上記で引用した内容になります。まとめてみると以下のように考えているようですね。

・高性能で商品力が強い
・市場回復のタイミングで投入できた
・5というブランド力

商品開発力が強いキヤノン

市場回復のタイミングやブランドがあっても、実際に魅力的な商品でないと売れることはありません。EOS RやEOS RPがやや見劣りした製品だったこともあり、EOS Rの新製品にはかなり期待されていたのは事実でした。そのためEOS R5が、その期待を背負うことができるのか?と疑問視する人も多かったようですが、しっかりとその期待に応えるカメラとして発売されたのかな?と思いますね。

8k動画機能を搭載したこともそうですが、AF機能が他社と比較して優秀で、様々な機能において平均的に欠点が少ないことから、既存のキヤノンユーザも安心して乗り換えることができる製品として発売されたことが大きいのかな?と思います。

キヤノンはかつても他社に製品で追い抜かれたとき、その次の製品で圧倒的な製品を作り上げて巻き返した経験があるわけですが、今回のEOS R5もその時と同じくソニーのα7シリーズを巻き返すことができるのか、今後が非常に気になります。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog