“ラグビーWCup2021でキヤノンカメラ使用率75%で1位” に感じたちょっとした疑問

ラグビーWC2021でキヤノン製カメラ使用率1位

キヤノンが2021年に開催されたラグビーワールドカップ2021年のキヤノン製カメラの使用率に関して発表をしています。どのような発表内容なのでしょうか?それでは記事をみてみましょう。

キヤノンは11月18日、ラグビーワールドカップ2021ニュージーランド大会の報道用カメラ使用率調査で、同社製カメラ使用率が1位になったと発表した。

調査対象となったのは、同大会の準決勝・3位決定戦・決勝の計4試合。プロフォトグラファーの同社製カメラ使用率が、この4試合で平均約75%を記録したという(同社調べ)。

デジカメWatch

記事によれば、2021年に開催されたラグビーワールドカップで、報道用カメラとして使用されたカメラは、キヤノン製が平均75%で利用されており、使用率1位だったと発表したそうです。

単純に数字だけみるとかなりのシェアがあったということになりますね。

ただ、この大会のスポンサーにキヤノンがいて、キヤノン以外のメーカがカメラのサービスブースを提供していたのかは不透明です。例えばオリンピックなどでは、キヤノンの他にニコンもサービスブースを提供していて、中には完全に手ぶらでやってきてサービスでカメラやレンズをレンタルして撮影していくような人もいるようです。

実際にはどのような状況なのか不明ですが、もしキヤノンのブースしかなければそういう人はなれないカメラでもキヤノン製のカメラやレンズを利用した可能性もありますし、必然的に使用率も高まるのかなとも思いますね。

実際の世界レベルの大会のカメラメーカのサポートというのは、どのような状態になっているのでしょうか?ちょっと気になったので記事をしてみました。

もしご存じの方がいたら教えていただけると嬉しいです。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

CANON RF400mm F2.8 L IS USM
twitterで最新情報をチェックしよう!