ニコンにも影響が?? 米国が中国への半導体製造装置の販売禁止を求める

アメリカが中国への半導体製造装置の販売禁止を求める

アメリカが中国への半導体製造装置の販売を禁止するように求めていることが明らかになりました。そして、このことはニコンにも関係する可能性がありそうです。どういうことなのでしょうか?

それでは記事をみてみましょう。

米国は中国に対し、半導体製造装置へのアクセス制限を強化していると、同装置の主要サプライヤー2社が明らかにした。中国の経済的野心に歯止めをかける米政府の取り組みが浮き彫りになっている。

(中略)

米国はオランダや日本に対し、世界の大部分の半導体製造に必要不可欠な主要技術をASMLホールディングやニコンが中国に販売するのを禁止するよう求めていると、ブルームバーグ・ニュースが伝えていた。

(中略)

ニコンの広報担当者は、同社の対中出荷は影響を受けていないとコメントした。

Bloomberg

記事によれば中国の経済的野心に歯止めをかけるために、アメリカがいまはどのような製品にでも使われている半導体を製造する機器を中国に使わせないようにしようということを目的として、半導体製造装置などを中国に販売しないように求めているとしています。

以前にアメリカはニコンなどに対し半導体製造装置などを中国に販売しないように求めていたようですが、ニコンによれば中国への製品出荷に関して影響を受けていないとコメントしているようです。

もしニコンが半導体関連の製品を中国に販売できなくなったとしたら、経営的には小さくない問題になるだろうと思うとちょっと心配になりますね。

ニコンのその他の情報

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!